日記・コラム・つぶやき

2018年11月30日 (金)

◆2シーター

突然ですが、2シーターとは2つの座席、つまり、2人しか乗れないクルマのことだと、私は思っています。そして、当店の駐車場に、偶然2台が並びました。

46868069_883106318558568_7335346585

1台はメルセデスのSLK、もう1台は軽トラなのですが、別名農道のポルシェ、スバルサンバー。共通点は2人しか乗れないことのほかに、どちらも私のものではないこと。メルセデスの方は預かり品。サンバーは車検の代車。さらに言えば、詳細は調べていないので分かりませんが、価格はほぼ同じぐらいでしょう。

メルセデスの方は初号機ですから、価格もこなれています。私は最近の物より、スリーポインティドスターが小さいこれが一番のお気に入りで、サイズ感もちょうど良い。スタイルもロングノーズ・ショートデッキという昔の感じが良いですね。

サンバートラックはもちろん、マニュアルトランスミッションで、4WDです。なぜ、農道のポルシェと言われているのかは分かりませんが、スバルと言えばボクサーエンジン(これはそうではないです)、RRだからでしょうか。昔(今はどうなのでしょう)はサスペンションがトーションバーだったので、言われたのかもしれませんね。これらの理由で、積雪時には荷台に雪を積まずともタイヤに荷重がかかるので、雪国では重宝されています。そして、トヨタと提携して、サンバーは生産終了となりましたので、中古車価格は割高になっていると思われます。

とにかく、2人しか乗れないという同一条件で、これほど用途が違う2台が並んでいる光景は、なかなか良いものです。あと2、3年すれば、私の所有車はこうなる可能性は高いのかもしれません。

|

2018年11月28日 (水)

◆初冠雪

ここ数日は、暖かいのですが、23日から24日にかけて、伊吹山が初冠雪をいたしました。

Imgp5206

24日にアップすれば良かったのですが、雑用が立て込んでいて、ようやくという感じです。以前にも書きましたが、当地では伊吹山に雪が3回降ると、平地に降りてくるという言い伝えがあります。そろそろ、冬支度をしなければならないのですが、なかなか重い腰が上がりません。まずは、車のタイヤ交換からと考えていますが、12月に入ってからでもいいかなと、高をくくっています。

無理矢理のこじつけではないのですが、12月1日より「ヨールカパーティ2018」のイベントを行います。お買い上げ金額に応じて、ノベルティをプレゼントさせて頂きますので、是非ご来店ください。

詳しくは、開催する時点で改めて、お知らせいたします。

|

2018年11月20日 (火)

◆干し柿出荷

吊るし柿を作って、何日経ったのでしょう。途中から柿の外側に糖分が染み出たために、虫が寄らないよう、干物用のネットに入れて干し上げました。

Img_2255

Img_2256

外側に白い粉が付くまでと思ったのですが、それをすると固くなりすぎる懸念がありますので、あとはご自由にということで、本日、3か所に出荷させて頂きました。

福島のちびっ子ファンが、今年は私に色々な出来事が起こったために、作ってくれるだろうかと心配していましたが、無事、発送することができました。

もちろん、今年亡くなった二人の母の仏前にも…。

私はというと、糖尿病の罹患者ですから、作るだけで、食べることはできません。とはいっても味見に1個食べましたが…。

|

2018年11月17日 (土)

◆インバウンド

このところ、1日はおろか、1週間の経つのが早い…。

加齢による集中力の持続時間が短くなったこと、何をするにしてもモチベーションを上げるのに時間がかかる、ということで、無駄に時間を消費しているんでしょうな。このブログの更新もおろそかになり、11月も半分を過ぎてしまいました。

先週の日曜日、心斎橋のホテルに8時30分頃着きました。

45864400_874177596118107_4697907899

予約していた時間までまだあるということで、ホテル内のカフェに行くことに…。すでにそこは、朝食ビュッフェの会場となっており、8割がた席が埋まっておりました。しかし、日本人の姿はあまりなく、中華系が多く、白人系もおられたりして、インバウンドを体感してきました。また、飛び交う言葉の中には、タガログ語みたいな感じがあり、タイから来られているのかなと、思った次第です。

朝食は2,700円でしたから、タイも裕福になってきているのだなと思ったり、やはり、中華系の人の食欲はすごいなと感心していました。そして、ホテルを出たのが午後4時ぐらい。新大阪で弁当を買って、自宅で食べました。

そして、木曜日は51回目のセミナーを開催しましたので、その準備に最低1週間はかかりますから、冒頭で申し上げましたように、時間がどんどん過ぎていきます。

明日もまた、遠出の予定で、バタバタと過ごしております。

|

2018年11月 2日 (金)

◆柿

あれよあれよという間に、早11月です。今年もあと2ヶ月となりました。

クルマで出かけると、柿が鈴なりになっていて、放置されているのを目にします。

それを見ると、1年前を思い出します。ババ様2人を連れて三方五湖に行った時を。鈴なりの柿が放置されているのを見て、義母は「この辺の人は柿を取らないのかなぁ」と見るたびに声に出しておりました。そして、モノレールで山頂まで上がり、少し距離のある見晴らし台に行くと言い出した2人のババ様。時間をかけて、休み休みに行った2人。景色を堪能しておりました。最後のお出かけでした。義母は2月に、実母は8月にあちらの世界に旅立っていきました。秋が深まるとともに無常を感じております。

そんな折、こちらが届きました。

45238703_869431626592704_1615613778

紀ノ川柿です。毎年贈って頂けることに感謝し、早速2人にお供えいたしました。

そして、頼んであったこちらも…。

Img_2164

地元の平種無し柿です。100個あります。これを剥いて干した時には、お天道様は西の山に沈んでおりました。

Img_2165

待ってくださっている方へ、とりあえず約束は果たせそうです。

本来の仕事とはかけ離れている、雑貨屋の親父です。

|

2018年10月28日 (日)

◆バッテリー

朝晩、めっきり寒くなってきだした今日この頃、預かっている車の動態保存でエンジンをかけようとしたら、セルが回りませんでした。「とうとうこの時が来たか。でも1年3か月は良く持ったな」と思い、バッテリーを充電してやることに。

早速ボンネットを開けてバッテリーを取り外しましたが、かなりの重さ。これだけ容量があったから、長く持ったんだなと思うとともに、家庭用の充電器ではだめだとモータース屋さんでしてもらうことに。

Img_2135

バッテリーの配置場所、よく考えられているなと改めて。車体の中央に重いものを持ってくると、荷重配分がうまくいって、運動性能も良くなりますね。つけたら早速動かして、ストップ&ゴーを数回して、ブレーキディスクのさび落としと、燃料タンクの攪拌を。燃料タンクはこの時期結露も考えなければなりませんが、ガソリンの劣化を考えて、いつもフューエルランプ点灯状態にしてあります。一番良いのは車検を取れば良いのですが、なかなか余裕がなくて・・・。

次に、カミさんの車のキーレスの調子が悪くて。これまた電池交換を。最近の車は便利なのか、不便なのか。キーレスが作動しないと、メカ音痴、いや私でさえも、始動にはマニュアルを見なければなりませんから。

そして、もう一件は、これから活動する除雪機のバッテリーの充電をしなければなりません。春に、マイナス端子を外しておけばよかったのですが、なかなかできなくて…。これは宿題で、そのうちにと思っています。

まるで雑貨屋の店主とは関係ない雑用で、1日が過ぎていきます。

|

2018年10月25日 (木)

◆お天気に誘われて…。

今朝の情報番組を見ていると、この上ないお天気とか。その言葉につられて、お店をほったらかして、外出することに。車で移動すること1時間。琵琶湖の対岸の高島につきまして、用事を済ませた後、ローカルスーパー平和堂で、お弁当を買って、琵琶湖畔で昼餉にすることに。

しかし、描いていたのとは少し違って、風が吹いて肌寒くて…。目の前ではボート部の人たちが練習しておりました。

44730768_866168200252380_5115330981

遠くに伊吹山がかすんで見えます。竹生島行きの船も走っていました。

44808445_866168280252372_7306658708

湖面がキラキラしていて、綺麗でしたね。ところで、お弁当は、こちらです。懐具合も肌寒いので…。

44696836_866168346919032_9213072748

やはり、自分で握ったおにぎりの方がしっくりきますなぁ…。

|

2018年10月24日 (水)

◆約三十年ぶりの再会

日ごとに秋は深まり、いつの間にか10月もあと残すところ1週間となりました。今年は色んなことが起こり過ぎて、プライベートの方が忙しく、店は相変わらずり不定休を繰り返しております。

先日は20代に勤務していた会社のOB・OG会に参加してきました。場所は堂島。会場は確か上司に1回だけ連れて頂いた青冥 Ching-Ming 堂島本店。

44427059_864221770447023_1067995136

当時、全国チェーンの会社に勤めていたものですから、大阪支店に行くのは月1回。そして、会の参加者のほとんどは支店勤務の方ばかりで、完全にアウェイ。しかし、元上司もいたりして。その上司は一番気になっていた方で、歳相応に体にガタは来ていましたが、お元気そうで一安心。

私は、諸事情でその会社を10年で辞めてしまいました。そして、その会社も紆余曲折あり、今はもうありません。私の辞めた後も会社と運命を共にされた方も多かったようでした。皆様、良い爺様や婆様になられていました。でも、30年前の面影があり、案外分かるものでした。いや中には、しばらく分からない方もおられましたが…。

しかし、堂島、すっかりと様変わりをしていて、周りは高いビルディングばかり、田舎者が必死になってクルマで支店まで行った時と同じ気分になりました。いつも駐車場に車を入れた後、支店前の喫茶店で、始業時間を待ったものでした。その喫茶店の名前は「スワン」。なんとその喫茶店は今も健在でした。この地価の高い場所で、生き残っているなんて…。商売とは奥が深いものですね。

|

2018年10月10日 (水)

◆もう秋になりましたね

今日は少し肌寒いのですが、未だ半袖で頑張っています。まっも頑張っても即結果に表れないのが商売ですが…。因果応報、こうなっているのも自分が蒔いた種と、納得しております。

なかなか更新ができていないのですが、10月も早10日。昔であれば「体育の日」。いつの間にか都合の良い曜日に変わって、祝日という本来の意味を忘れているような、時流です。書きたいことは色々とあったのですが、所詮は店主のボヤキにしかならず…。

さて、先週のことですが、金曜日に鈴鹿へ行きました。もちろん、仕事です。先に津へ行き、そこから鈴鹿に行く時にいつものように、サーキットの横を通ったら、何とF-1が開催されていました。F-1に興味がなくなったのは、いつごろでしょうね。やはり、「音」がつまらなくなったせいでしょうか。それともスタートの後の燃えた燃料の匂いが漂ってこなくなったからでしょうか。「環境」に配慮してだろうと思いますが、だんだんエンジンも小さくなって…。追い抜く時だけボタンを押して…。仕方がないのでしょう。レースは単純な方が面白い。V12、V10のノンターボのエンジン時代が懐かしい。でも、今の人たちは現状でも十分満足なのでしょう。それはそれで良いと思います。

F-1観戦もいつのころからか、1年に1回しか会わない仲間が集まってする「前夜祭」の方がメインになりました。よーくバカやっておりました。今みんなすっかり年取っちゃって…。懐かしい思い出の食材がこちらです。

43186999_857070927828774_1346342947

鳥取産のマツタケと近江牛のコラボ。みんな持ち寄りです。この鍋が3つありまして、なぜか、なぜか奉行の私の鍋が人気でして。また、いつの日か、みんなが元気なうちに、「祭り」をしたいものです。

|

2018年9月27日 (木)

◆乗用草刈機

また台風が来るという…。そう言えば、今年は筍がよく採れたため、バア様が「今年は台風が多いで」と言っていたことを思い出します。

そのバア様が、いつも「わしが死んだら、この畑は草わらになるやろな」と言っていました。私も時間はありますが、体力がなくて、最近特にこれが欲しくなっています。それは乗用草刈機。

これと最初に出会ったのは、20年ほど前でしょうか。その時の写真がこちら…。

Kusakari_cart01

場所は福島市郊外のフルーツロード。果樹園で、低い木の下をちょこまかと走っているカートのような乗り物。思わず、興味が沸き、車を降りて作業中のオーナーを呼び止めて、お話を。「すみません。ちょっと、興味があるので、写真を撮らせてもらってよろしいですか」と声をかけて…。確か中古だと40万円位とおっしゃっていたような記憶があります。そのころはまだメジャーではなく、当地にはありませんでした。いまは、休耕地の関係で、農機具屋さんに展示されています。

逆にオーナーから、「私はそちらの車の方に興味があります」と言われたことは、今でも記憶にあります。当時、カレラ3.2に乗っていたからです。

|

より以前の記事一覧