日記・コラム・つぶやき

2019年8月21日 (水)

◆壱岐・対馬の思い出 壱岐編

今朝のニュースで、日本への韓国からのお客様が減ったので、大韓航空が大幅減便するというニュースが流れていました。訪日韓国人の減少で、観光地は影響を受け、大変だというのが大方の見方です。私は天邪鬼ですから、違った角度から見てしまいます。搭乗率が下がる、または下がると予測されるだけで、急に休止するという事は、それだけ大韓航空の経営が厳しいのではないかと考えます。また、大都市圏の空港は混雑していますので、大韓航空の到着便が減れば、別の航空会社を受け入れることは容易だと思います。そして、仁川頼みの地方空港については、元から必要性があるのかという事があるでしょうし、仮に韓国の航空会社頼みになっておれば、韓国経済は破綻寸前(ウォンの対ドルが危険水位)と聞きますので、やがては来なくなることも考えられます。つまり、遅いか早いかだと思いますので、一つの国に頼る経営はやめるのが王道だと思うのですが…。

さて、思い出の壱岐編ですが、壱岐に着いた時の感想は「陽の島」というものでした。逆に対馬は「陰」。ついて早速バスで島内観光です。この時のガイドさんが言われた言葉は今でも鮮明に覚えています。それは、「韓国の方はここまで来ませんから」というものでした。言われたとおり、全く韓国の団体さんを見ることはありませんでした。おそらく、釜山-対馬の高速船の料金よりも、対馬-壱岐のジェットホイル料金が高いのでしょう。また、そのお金を出すのであれば、直接博多に行く方が良いと思われるのでしょう。これはあくまで推測ですが…。

一通り観光した後、早めに今回のツアーの目玉のホテル「海里村上」にチェックイン。エントランスを入るとすぐに海が目に飛び込んでくる仕掛けでした。そして、ウェルカムドリンクを。

P8050639

そののち部屋に通されて、夕食まで待機。その間に温泉(大浴場)に。泉質は、有馬と同じ鉄分が多いのか茶色の湯でした。そして、エントランスが道路と同じ高さに作られており、建物自体は崖?を利用しているために、温泉は地下となっていました。もちろん、地下と言っても露天でしたが…。

そして、夕食となり、通されたレストランのカウンター席からは、海に落ちる夕陽が見られたのでした。

P8050643

夕食のメニューはこんな感じです。

P8050640 P8050642 P8050644 P8050646

私たちのメニューはツアー専用だったみたいで、隣のカップルは「雲丹コース」を食べておられて、私はそちらを食べたかった。このホテルはハイクラスなので、おそらく福岡の富裕層が来られる隠れ宿みたいな印象を受けました。東京で言えば箱根、大阪は有馬と同じ立ち位置ではないかと…。壱岐は昨日申し上げました高単価戦略を取られている印象を受けたのでした。最後に観光地も少しご紹介。六地蔵と猿岩です。

P8050638 P8060648

しかし、この旅を通して1人当たり17諭吉の価値は感じることができず、翌年から、ツアーは利用せずに、自分たちで動く旅となった次第です。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

◆壱岐・対馬の思い出 対馬編

G20の翌日から、韓国の話題が事欠くことがありません。国として対等に扱うべきですが、経済に関しては決して対等ではないことを知っておくべきだと思います。まず、GDPですが、世界銀行によると2017年の日本のGDPは4兆8721億ドル、韓国は1兆5308億ドルで、日本の31%しかありません。また、GDPの輸出依存度は日本が15.2%とそれほどでもないのに対して、韓国は43.9%と約4割強も輸出に頼っているのです。ですから、韓国は必死にならざるを得ないわけで…。

さて、韓国民の対日制裁として日本旅行の自粛が取り上げられますが、個人的には歓迎いたします。なぜなら、私はもっと日本各地を旅行したいからです。外国の観光客が多いと日本ではないような気がしてしまうのです。一番顕著に減っているのが、九州で、特に釜山に近い対馬が取り上げられます。以前にこのブログでも書いたかもしれませんが、7年前に、2泊3日の壱岐・対馬のツアーに参加しました。相談を受けた時は値段は知らなかったのですが、払ってこいと手渡された諭吉軍団を見てビックリ。何と1人当たり17諭吉だったのです。ですから、7年前のことですが、鮮明に覚えているのです。このツアーはある旅行会社のもので、それまでに2年利用したクラスよりも1ランクアップした「水晶○○」というツアーでしたから、期待値はマックスでした。

例年通りに、朝一の新大阪発の新幹線のグリーンで博多まで、駅から港まではタクシー、そして、船はジェットホイルでした。いわゆる水中翼船で時速70キロで快走しました。壱岐までが1時間、壱岐から対馬の厳原までが1時間とたいそう時間がかかりました。このジェットホイルの不満は料金もですが、指定席がないことです。ランクアップしたのにいきなりの自由席。

そして、対馬に着いてお昼となったわけです。漫画「美味しんぼ」に載ったという店でしたが、入ってすぐの生簀は水も抜かれていて空、店が営業している雰囲気は全くありませんでした。2階の和室に通されましたが、会議室のような机の上にこんな料理が並べられておました。

P8040608 そして、「美味しんぼ」にも載ったという名物が「ろくべい」という代物でした。

P8040609 サツマイモから抽出したデンプンが主成分だという事でしたが、それほどうまいとは思いませんでしたし、それよりも料理の貧相さで、腹立たしくなったことを思い出します。まっ、昼はしようがないなと諦めて、夜に期待をしました。

到着したホテルは家族連れなどが多く、外でBBQをされているグループもありました。私共はランクアップをしていましたので、部屋ではなくコテージに通されました。ここは満足できる施設で、アメニティはロクシタンでした。

P8040618 夜になると星空がきれいでしたし、遠くの海にはイカ釣り船の明かりが灯っていて、雰囲気は良かったです。しかし、またまた食事で裏切られました。指定席があるのかと思ったのですが、あったことはあったもののツアー客全員の席が確保されており、その席に勝手に座れていうものでした。で、出てきた料理がこちらでした。

P8040619 何度も申し上げるのはいかがかと思いますが、ハイクラスのツアーの料理がこれでは…。私は思わず、オプションで活イカを頼んでしまいました。

P8040621

あまり長くなると何ですので、翌日の昼の海鮮丼を。

P8050634

旅行会社の中間マージンが多いのかもしれませんが、あまりにも料理の見栄えがいたしませんでした。これぐらいの海鮮丼でしたら、自宅で刺身の盛り合わせを購入して出来てしまいます。

ここからは推測です。島全体が、安価で訪れるお客様ばかりを対象としているために、お金を落としてくれるお客様に対応できていない気がしました。売上は客数×客単価です。インバウンドが激減した今、逆に良いチャンスだと思います。客数が少なくても客単価がアップできれば、売上はアップするのです。これと対照的なのは、壱岐でした。

続く…。

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

◆大東亜戦争

今日は、大東亜戦争の敗戦日だ。

しかし、未だにNHKは、GHQが大東亜戦争の使用を禁止し、代わりに使うように命令した「太平洋戦争」を未だに使用している。これが公共放送なのだろうか。戦没者追悼式が行われたようだが、亡くなられた方や家族や祖国のために戦死された方は、命を賭して守った子孫たちから、「太平洋戦争」と呼ばれることを望まれていたのだろうか…。日本の歴史は日本のものである。

私が生まれる前に戦死された伯父二人は、少なくとも望まれていないと思うので、私は、「先の大戦」や「第二次世界大戦」と逃げずに「大東亜戦争」を用いている。

そして、二度と戦争に陥らないためには、ひたすら悲惨さや貧困のみを訴えて、思考を停止させるのではなく、現実に立って、どこと手を結ぶのか、国を守る、つまり、国民を守るためにはどうすれば良いのかという事を静かに考える日にしたい。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

◆尾道>>>向島>>>生口島

先ずは前日に訪ねておいた干物屋さん先ずは前日に訪ねておいた干物屋(海の幸専門店 珍味 かねみつ)さん で、アナゴとイイダコの干物とイリコを購入して、尾道水道の渡船を利用して向島に。

Img_20190809_091716

大人2人と車1台で、 渡し賃は160円。距離は短いとはいえ、お安い。目的地は潮チョコレート。ところがこれが厄介で、ナビが指定する道はとんでもなく狭くて…。仕方がなく、再度自力でやり直して何とか到着。廃校あとを利用したものでした。

67753135_1031302043738994_53698331172363

67885699_1031302300405635_60500769653590

海側の窓から見る景色は最高でした。

次の目的地はこれもカミさんのリクエストでレモンケーキが買いたいと…。生口島の島ごころさんへ。

67696113_1031302630405602_90713422290747

そのあとついでに耕三寺も寄ってみようかということになりましたが、拝観料が1400円だったために外から拝んで。

67898678_1031302973738901_56805721499710

ちょうど夏蓮祭が開催されていて蓮が綺麗でした。
駐車料金500円だったために、これで帰るのはもったいないと商店街を散策。商店街の入り口にある「さよ」という食堂で食べたのがレモンラーメ580円。

68448247_1031303083738890_92040307296740

前日食べた尾道ラーメンにレモンを浮かべたものでした。レモンのお陰でさっぱりとしたスープに。しかし、これまたお安い。
その後、一路帰宅という旅でした 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

◆山口から尾道へ

昨日の続きです。

2日目の朝餉は大谷山荘の朝食バイキングで腹ごしらいを。これが実に充実していて、食べたくなるものばかりで、糖尿病患者にとっては、ダメなのですが、出来る限り食べました。

で、2日目がスタートしましたが、行先だけは尾道と決まっていて、あとはノープラン。秋芳洞には行ったことがあるということでパス、五重塔がある瑠璃光寺はどうかと聞くと、「お寺はいいわ」とのこと。とにかく尾道に早く行きたいらしくて。しかし、せっかくだから、通り道だし、錦帯橋を見に行こうと勧めてみたところОKとなりました。

67664277_1030039167198615_36147761600108

ちょうど高校生の団体が来ており、えらいにぎわっているなと思ったら、耐荷重の試験だったみたいで、しばし通行制限が…。で、一団が移動すると、確かに橋が揺れました。役所関係の方たちも来られていて、本格的なものでした。ということで、中央まで渡ったところで引き返して、尾道に行くことに。

とにかく相方は千光寺に行きたいらしくて。ホテルにチェックインしてから移動しようと思ったのでしたが、チェックインまでは時間がありましたので、千光寺公園まで行き、そこから下って、帰りはロープウェイで戻るルートを選択しました。しかし、たいそう暑くて、これまた私には下りと言えど修行でした。

67932542_1030844970451368_43929631338413

尾道水道と向島が見下ろせる、この大きな岩の一部をたたくとポコポコと音がするということで、備え付けのゴムハンマーでたたくと確かに音が…。しかし、多くの方に叩かれたのでしょう、岩にはしっかりとくぼみができておりました。それから文学の小路なるものを下っていきました。ここを訪れられている方の大半は女性でして、ペアは少ない気がしました。女性に人気のあるスポットだったと改めて感じました。また、至る所で写生をしている私服の高校生らしき人が多くいました。尾道、どこを切り取っても絵になる街だと改めて…。

千光寺に満足して頂けたので、チェックインして、再び市街地散策に。商店街は木曜定休日の店が多いらしくて、開いてる店が少なかったのです。それよりも厚い中、歩くことの方が苦痛でした。ここでも写生をしてる人が…。なんかあるのか聞きたかったのですが、迷惑な質問オジサンはやめました。で、水道沿いのビル陰のベンチで休息していると、横に居酒屋の看板が…。それを見た時、昼食をとっていないことに気が付きました。居酒屋の営業時間を調べると開店までは50分ほどありましたが、とりあえず予約だけは入れました。そして、開店と同時に入店し、まずは生ビールで喉を潤し、肴を発注。アナゴの刺身はアナゴ好きの相方も初めてで、満足しておりました。そして、そこを後にして、〆はもちろん尾道ラーメンを。

早めにホテルに戻り、早めにベッドに就きました。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

◆行ってきました山口へ

暑い日が続きますね。これだけ暑いと身体の方が参ってしまいます。皆さんもご自愛ください。

さて、そんな暑い中、我が家恒例の夏旅を。今回の私の松下村塾でして…。出発したのは、7日の午前2時。第一目的地は650Km先の角島大橋でして、以前から碧い海に掛かる一直線の橋が印象に残っていて、どうしても一度この目で見てみたい感が強くて…。到着したのは午前10時ごろ。道中の中国道は曇っていたり、小雨が降ったりとお天気を心配していたのですが、結果は晴れ。

67789844_1029403320595533_28909450596230

青い海がきれいでした。なぜ青いのか理由が私なりに。深度が浅く、そこの砂地の白が影響しているのではと…。しばらく堪能して、角島に行くことに。ここでのお楽しみは、特牛(こっとい)イカ丼です。活イカがなかったのは残念でしたが、前日まで台風がうろついていましたので、仕方がありません。11時オープンと同時に入店して、こちらを。

Img_20190807_110956

歯ごたえバッチリで、大満足。私共が入店してからも次々とお客様が…。やはり求めるものは同じですな。

その後、次の目的地、元乃隅神社に。そう赤井鳥居が連なる神社です。

67783135_1029478550588010_83456587951914

はっきり申しまして、鳥居自体は伏見稲荷と比較すると見劣りが…。しかし、周りの緑、そして、青い海、青い空、このコントラストが抜群で、観光スポットになるのは当然と言えば、当然ですね。そして、次の目的地は本命の松下村塾。

Img_20190807_145231 Img_20190807_145323

こんな小さな家に大勢の方たちが議論を交わしていたかと想像すると、とても信じられないくらいでした。また、萩は山の中という印象があり、なんでこんな場所から、幕末、明治維新の重鎮たちが排出されたのか、とても不思議です。しかし、そんな時に不思議な?体験を。私共が立っている地表には風が吹いていないのに、松の葉を揺らすほどの風がゴオーッと頭上から聞こえてきたのです。何か心に訴えかけるような雰囲気に包まれてしまいました。しばらく、暑さを忘れて佇んだのち、松陰神社に参拝を。

68780113_1029524437250088_79563049473587

志が低いのですが、関わりのある方たちの繁盛を願ってきました。

そして、再び長門市に帰り、カミさんのリクエストだった金子みすゞ記念館に。

67742326_1029486190587246_24303373693422

カミさんが納得したのを見届けて、宿泊先の大谷山荘へ…。1日目の終了です。この日の活動時間は14時間でした。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

◆サツマイモの蔓の炊いたん

今日は土用の丑の日だそうで、チラシには鰻が…。しかも一尾3,000円前後と超お高くて、同じお金を遣うのなら、個人的にはg750円位の牛肉400gの方が良いと思います。g1,000円のお肉は差しが入り過ぎて、この歳ではちと辛いです。

話は変わって、美山かやぶきの郷に出掛けた折に、途中の道の駅で、これを見つけまして、他の夏野菜と一緒に購入。

Img_3393

蕗ではなく、サツマイモの蔓です。貧しい母子家庭で育った幼少期、これがよく食卓にできました。いわゆるおふくろの味っていうやつです。大きくなってからは、ほとんど食べなくなりましたが、40代ぐらいから、無性に食べたくなり、母によく作ってもらいました。その母も昨年あちらの世界へ。その前に一応レシピを聞いておいたのですが、果たしてどうなるか、チャレンジしてみました。

まずは皮を剥くのですが、意外とこれに時間がかかります。皮がむけたら沸騰したお湯に入れて、あく抜きと下茹でを。そして、水で一度冷やしてから、4~5cmの長さに切ります。鍋にサラダオイルを引いて軽く炒めて、出汁(醤油、味醂、砂糖を適量)を張り、昆布を適量カットして、入れて炊くだけです。母の場合は市販の出汁の素を使っていたのですが、この時は、事前にカミさんがナスと万願寺トウガラシの揚げびたしを作っていたので、その出汁を再利用して。カミさんは削りカツオで出汁を取りますので…。できたものがこちらです。

Img_20190727_051834

これが日本酒に合うんです。

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

◆ドリーマーとリアリスト

最近何だか気分はブルー。

まずは消費増税が決まったこと。アベノミクスがうまくいかないのは、消費増税をしたからであり、あれがなければもっと早くに景気が回復していたと考えられる。最近、景況感が悪くなっているにもかかわらず、また消費税を上げるという。今回は駆け込み需要も期待できないだろう。そもそも、消費税の導入は所得税の累進課税を緩和するためだったと記憶する。つまり、働いてお金を稼ぐ人がバカを見ないようにするためだった。消費税こそ平等で、所得の低い人にもかかってくる。それにもともと民主党の時に決めたことだから、野党も表立って反対できない。

そもそも、消費税を社会保障に充てることが間違っている。例えば、年金は保険だということが、意外と知られていない。年金2000万円どうのこうのというより、まず、しなければならないことは、年金定期便で、自分のもらえる金額を知ることだ。それで足りなければ自分で何とかするという単純なこと。車の保険に例えると、年金=自賠責保険で、それで足りない部分は任意保険=個人年金でカバーすることと同じなのだ。

 

話は変わって、参議院選挙で、滋賀県は野党統一候補が当選した。悪いけど、何も期待しない。単純に言えば、勿体無いおばさんの名誉回復(衆議院議員選挙で敗北)と6年間の所得の保証をしただけ。1年生議員がそれも無所属で何ができるのだろうか。こんな簡単なことが理解できない人が投票者の過半数居たということになる。憲法改正反対、9条死守、反原発がこの方の信条。

以前は、保守と革新という言葉が遣われていたが、最近は、ドリーマーとリアリストという風に考えると理解できる。保守、漢字から分かるように、保つ、守るということであり、護憲派は保守ということになる。他方、保守と言われている安倍政権、入管法の改正、アイヌ新法など、革新的な法律を通している。これではどちらが保守か革新なのか分からない。加計問題など、岩盤規制を打破する方が問題視されている、それもメディアも便乗して。

話は戻して、平和を唱えておれば、平和が保たれるほど簡単ではない。今の日本を取り巻く環境を見ておれば、そんなことはすぐ分かる。それを見て見ぬふりをするのがドリーマーである。反原発にしたってそうだ。ホルムズ海峡が封鎖されれば、とたんにエネルギー不足に陥る。自分の国のタンカーは自分で守れと言われても、現行憲法では無理だろう。日本は、敗戦の原因を真剣に考えてこなかったから、その歪みがいまだに残る。なぜ、拉致被害者が70年も取り返せないのか。

リアリストであれば、その問題は現行憲法にあることはすぐに分かる。リアリストであれば、勿体無いおばさんが議員になっても何もできないことは分かる。滋賀県は知事も元社民系で、最初の選挙応援には、立件民主党の国対委員長がやってきていたと記憶する。そんな県が、中央から、金を引っ張ってこれるだろうか。まず、期待はできまい。

こんなこと、片田舎の雑貨店の店主がぼやいていたところで、何も変わらない。しかし、最近の状況を見ていると、ぼやかずにいられない…。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

◆懐かしかった

あれよあれよという間に7月も半ば…。前回も同じ書き出しだったような。今週は特にバタバタしております。

水曜日にセミナーを主催しましたので、その前はネタ作りで時間が過ぎていき、そのセミナーも今回で55回目ですから、ネタも当然枯渇するわけで…。そして、その足で福島県まで。新幹線、久しぶりに乗りました。

そして、新白河から磐城棚倉までは、JRバスを。この路線、昔は鉄道が走っていましたので、半分くらいはその廃線後を走るバス専用道路になっています。最初に行った時、20年くらい前でしょうか、初めての経験で興奮していました。今も珍しいと思いますよ。

いつもは車なので、久々に当時を思い出し、懐かしんでおりました。

66655917_1012868188915713_47582279274499

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

◆今年も届きました

6月もあれよあれよという間に、あと1日。超片田舎の路面店においては何事もなく1日が過ぎていきます。

お昼過ぎに宅配便が届きました。

Img_3311

山形のサクランボです。山形、昨年は強行軍でどこにもよらずに縦断しただけで、昔のようにのんびりと計画もなしにぶらつきたいと、この時期になると頭に浮かびます。昔を懐かしむ、そんな年頃でしょうか。

送り主とは、数年来お会いしていないのに、律義に送ってくださいます。ありがたいものです。早速お礼の電話をしたところ、今年は10年来の不作だそうです。原因は、雹が降ったことと、昨年の猛暑により奇形(双子)が発生しているということで、流通量が少なくなって、高騰しているとのことでした。因みにこの方は農家関係者です。素人考えでは、値段が高くなれば良いのではと思うのですが、ふるさと納税の関係で収める量が決められている農家さんは、確保に大変だということでした。何にしても大変な世の中です。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧