日記・コラム・つぶやき

2024年2月 1日 (木)

◆もう1ヶ月経ちましたなぁ

今日から2月が始まります。店の方は相変わらずでして…。特に雪が降ってからは皆目でして…。今回の雪は解けるのが早くて、もう車の走行には何ら支障がないのですが…。

さて、能登半島地震から早や1ヶ月が経ちました。阪神淡路の時も東日本の時も私ができることは一つしかありません。義援金です。昨年、赤い羽根募金の行先にブラックなものを感じて以来、募金というものは全くしておりません。今回も直接自治体の口座に振り込むか、ふるさと納税の返礼品なしをしようか、どちらかをと考えております。まだまだ、先は長いので、ゆっくりしていこうと考えています。

そんな中、政治家さんたちは、さっさと復興のため理補正予算を組めばよいのに、「裏金」問題、それだけに掛かり切っている感じがします。もちろん、メディアも同様で、一般生活者から見ると、別世界ですね。政治のことをどうこう書くつもりはありませんが、どんどん論点がずれていく報道を見るたびにレベルの低さを感じてしまいます。

裏金問題は、不記載が問題なわけで、パーティーもキックバックも派閥も法に触れているわけではありません。最近ようやく1周してここにきている感じがします。我々商売人はインボイス制度をしなければなりませんので、政治家も導入すればよいだけです。現金の授受をなくせば良いにすぎません。もう、裏金の行先などを国会で論ずるなんて愚の骨頂です。そんなことは検察に任せておけばよいのに、ほんと、国会パフォーマンスもそれを取り上げるワイドショーも見るに堪えません。更にメディアはなぜか外国人・企業のパー券の購入を問題に上げません。宏池会などは中国人が多いとネットに挙げられています。政治献金はだめなのにパー券購入は良いという矛盾、大々的にしませんね。

以前はそうは思いませんでしたが、国会議員なんて半分でも良いと思います。その削った供与を、まるで便利屋のように使われている自衛隊員に振り当ててもらいたいです。1日の手当が1,620円だなんて…、びっくりです。災害普及、豪雪対応、本当に頭が下がります。

自衛隊の予算があがらないのは、事務次官が財務省出向者だからということらしいです。

 

| | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

◆EV車はどうするのでしょうかね

とうとう降りました、雪が。夜中は全く降っていなかったのですが、午前4時ごろから降り出して、今も降り続いています。雪質はサラサラなので、上空には寒気が入り込んでいるのでしょう。

422174225_2221363471399506_7657344951508

テレビを見ていると、早々に北陸自動車道並びに国道8号線は通行止めとのこと。2021年の立往生が思い出されますので、早めに手を打ったのではないかと想像します。そして、こんな時に頭をよぎるのはEV車です。政府は環境に優しいというお題目でEVに力を入れていますが、電気で車を走らせることに異論というか、反論はなく、どうぞご勝手にという気持ちでいます。何故なら、当地のような雪国でEV車が立往生に巻き込まれたら、どうなるのか簡単に想像ができるからです。EV車はバッテリーが命です。そのバッテリーですが、温度の低下に従って容量が減少してしまうのです。このことを承知で買われるのは良いのですが、このデメリットを知って購入されているのか、はなはだ疑問です。単純に言えば、EV車を買われる場合は、都会で、且つ、セカンドカーではないかと思うのです。当地のような寒冷地でメインの車には不向きだと思います。話を戻して、立往生に会い、バッテリー容量がなくなったらどうするのでしょうかね。重いバッテリーを持って救援に行くのでしょうか。通常の内燃機関を搭載しておれば、携行缶で補給ができます。

メディアもEVに関してのデメリットのニュースは流しません。アメリカでテスラの充電ができなくなって、まるで墓場だったということをご存じの方がどれほどおられるかはなはだ疑問です。

Aa1n8ysg

また、中国ではEV車の過剰生産により、在庫の墓場となっている写真もネットでは出回っていますが、メディアで取り上げられたことはありません。

8945656654446

EV車は二酸化炭素を排出しないのは分かりますが、その動力源である電気を作るのに二酸化炭素が排出されます。内燃機関を動力としている車は化石燃料を使います。他方、原発の稼働が少ない日本では、発電に化石燃料を使う比率は増えています。わざわざ、化石燃料を使って電気を得て、その電気で車を動かすという周りくどいことをしなくても、直接燃やして車を動かせば良いのではと、思うのですが…。

 

| | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

◆敦賀トンネル温泉 北国

1週間ほど前でしょうか、最近温泉に行っていないなぁ」という話になり、須賀谷は近すぎるし、紅鮎は身分不相応だし…。色々話しているうちに、ふと私が「敦賀のトンネル温泉はどうや」といったところ、価格に魅力を感じて、予約をしてくれました。最近、かつて行った温泉などを検索していると、軒並み価格が高騰していて、過去を知る我々としてはなかなか手が出ずにいました。

トンネル温泉、初めてです。なぜ知っていたかというと、前職で耳にしたもので、30年ほど前のことです。

4時にチェックインの予約をしていましたので、当地を2時に出発、のんびり行っても1時間強で着いてしまいました。着いたところは、山の中腹。建物はボロです。中に入っても経年劣化を感じます。部屋に案内されても同様でした。レトロな冷蔵庫(飲み物がセットされていて、フロントでわかるタイプ)はあるものの、中身は空とのこと。それではだめだということで、コンビニに行き、飲み物とヨーグルトを購入して、戻ってきたところ、前に観光バスが。「えっ、団体客なの」と心配しましたが、日帰りツアーのお客様で帰られるところ。でも、館内でお会いしたのは1組のご夫婦だけだったのに、数名が乗り込まれました。

ひょっとして貸し切りかと思い、大浴場に行ったところ、私も含めて3名でして。過去最高の夜2回、朝2回、計4回入浴したのですが、あとの3回は私1人だけでした。ちょっと寂しかったですが、夜景を独り占め出来て満足でした。料理を待つ間、カミさんに宿泊料金を聞いたところ17,000円ぐらいとのこと。このよく言えばレトロ感満載のこの施設でそれは高いのでは、ひょっとすると例のものがついているのかなと…

421109027_2218603561675497_7142483172851

「北陸に来たんやったら、蟹やろ」と気を遣ってくれたのでした。スタンダードの1泊2食付きが10,000円ぐらいでしたので、この蟹のお値段が分かります。食べ応えがあり、ほかの食事を食するのがつらいほどでした。近年、記憶にないほど食べました。持病があるというのに。

部屋からの夜景はこちらです。

420996284_2218603528342167_6512924952469

正面は新幹線の敦賀駅です。あと少しで開業ですね。

帰りにクーポン券をもらいましたので、本当は平和堂に行って、魚を買って帰りたかったのですが、これが使えるバローに行って、今週分の食料を購入して帰ってきました。

420639812_2218748444994342_8387393986309

2人分で3,080円が使えましたので、あまり躊躇せずに鮮魚を買うことができ、良かったです。

10時にチェックアウトをして、帰ってきたのがちょうど正午ですから、別に店を休まなくても良かったのかと思っています。

 

| | コメント (0)

2023年12月24日 (日)

◆静かなクリスマス・イヴ

今日はクリスマス・イヴですね。クリスマス、わちふぃーるどではヨールカパーティと言います。

厳しい寒さも一段落で、穏やかなクリスマス・イヴとなりそうです。今朝、伊吹山がとてもきれいでした。

414164682_2201732120029308_8014008150456

蒼い空をバックに白い伊吹山、絵になりますなぁ。当地も少し雪が降りましたが、その日のうちに溶けてしまいました。当店は遠くから来ていただくお客様が多いのですが、長浜で大変な積雪が…とテレビで報じられると、当然米原もということになりますね。でも、映像は余呉町柳ケ瀬という地で、福井県との県境の地です。今から40年ぐらい前、昭和の最後の方だったと記憶していますが、豪雪で孤立して、自衛隊が出動した土地柄で、長浜とは全く違います。

ということで、当店には雪はございませんので、ぜひお越しください。

| | コメント (0)

2023年11月13日 (月)

◆伊吹山初冠雪 

昨日から寒くて、今朝伊吹山を見たら、頂上がうっすらと白い。初冠雪です。いよいよ、冬の到来かと…。

さて、土曜日のこと、午後から干し柿づくりを…。

401440081_2178255635710290_3034770492443

総数90弱、結構時間がかかりました。仕上げに愛飲しているバーボンを吹きかけてカビ対策を…。昨年より9日ほど遅れの作業でした。でも、ここから、毎日柿の状態を見ながら、手をかけなければなりません。仕上がりは月末ぐらいでしょうか。

 

| | コメント (0)

2023年11月10日 (金)

◆ゴジラ観てきました

今日は1日雨でして、こんな日はお客様は…。

昨日、観てきましたゴジラ-1.0。

400931473_2176057382596782_5488146878350

ゴジラ映画は見たことないのですが、山崎監督ということと、震電が登場するということで、それに興味があって観てきました。ネタバレするので、ここであえて言いませんが、とても良かったです。

震電、やはり良いですね。その独創的な機体はゼロ戦のように活躍してほしかった。迎撃用の極地戦闘機という目的のために、様々なアイデアが盛り込まれていて…。試験飛行は終戦まで1か月もなかったと記憶しています。初飛行で離陸時に後ろにあるプロペラが地面と接触して、壊れてしまい、その対策として主翼にある垂直翼の下端に車輪がつけられました。映画では車輪がついていなかったので、初号機ではなかったかと推測しております。最大上昇高度は12,000m、B29が高度10,000mで飛来し、日本機はそこまで到達できなかったので、B29撃墜用に開発されたと記憶しています。確か機銃もゼロ戦の20mmよりも大きな30mmだったと思います。もう少し登場が早ければ…。メッサーシュミットを参考にした橘花というジェット戦闘機も…。海軍で言えば伊400型潜水艦も…。あまりにもゼロ戦が優れすぎていたためと、艦隊攻撃が主体だったことが敗戦の一因だったのではと…。

| | コメント (0)

2023年10月26日 (木)

◆高野龍神スカイラインの紅葉はピークを過ぎていました

昨日、今年しなければならないことの1つをするために、南紀に行ってまいりました。朝2時半起きで、毎朝のルーチンをこなして、スタートしたのが3時半。

4時までに高速に乗らないと3割引が適応しませんので、いつもそれに合わせてスタートします。

で、2時間程度で紀の川SAに到着。この時間帯はトラックが多く、阪和道に入ると車も少なくなるためクルーズコントロールが使えて、足への負担は軽減されます。

395758112_2167367303465790_4974245690877

喫煙コーナーから見る夜景が好きです。今から目的地に行っても時間が早すぎるので、仮眠をとることに。目覚めて、コーヒーを買って、再び喫煙コナーから町の景色を眺めて、リスタートの準備をしました。ちょうど、工事通行止めが6時に終わるのもありまして…。

ここでタイムスケジュールを。目的地まで70分と案内に。少しばかり時間が早いので、42号線との合流が近い有田で降りて、目的地に到着。2つほど用事を済ませたのが、11時半。今度は帰るルートの選択を。紀伊半島の西ルートは有料ルートなので、ダメ。右ルートは高速利用しても無料区間があってリーズナブルなのですが、何度も同じコースは面白くない、ということで、真ん中ルートを選択。約300㎞の地道走りです。まずは、高野龍神スカイラインで橋本まで行き、そこから先のルートは、ついてから考えることに。

龍神スカイライン、30年ほど前は毎年のように来ていました。前職のメンバーは今でいう走り屋みたいな人が多くて、コーナーがたくさんあるこの場所は面白かったですね。当時はMGFに乗っていましたかね。ちょうど紅葉シーズンに来ていましたので、当時を振り返って、懐かしく思いながら…。それまでにまずは腹ごしらえを。道の駅のつぐみ食堂でランチタイム。

395387138_2167538070115380_6204368079057

看板メニューではなくて、チキンカツ定食をチョイス。理由は価格です。1000円(税込)でした。

いよいよスカイラインに突入したのですが、車が少なくて、ほとんど独走状態。シエラのロールと闘いながら、走ると前の車に追いつくのですが、煽るわけでもないのに、譲って下さいます。申し訳ないですね。でも、よくよく考えてみると、ほとんどの方は景色を見に来られているのですから、私のようにがむしゃらに走る必要もなく…。

ただ、残念なことは紅葉はピークを過ぎて茶色の方が強くなっている気がしました。道の駅ごまさんについても車の数は少なく、やはりピークが過ぎた感じがして…。

Gomasan

海抜1,000mはありますので、仕方がありません。少しだけ周りの景色を見て、早々にリスタート。まだまだ自宅までは遠いものですから。

途中、高野山のサイドを通過、そこから橋本までの道は鬱蒼とした山の中、崖際のタイトな道でしたが、今少しずつ拡張工事をされていて、片側通行が数か所ありました。橋本に到着すると、京奈和道(無料)という看板が目に留まり、橋本インターから上りました。で、降りた地点が橿原のイオンモールの横でした。この場所は、数年前に月に1度来ていたものですから、ここからの土地勘はあります。でも、せっかくここに来たからと思って、しばらく会っていない友達に電話をして、30分ぐらいお邪魔しました。ここをスタートしたのが5時半で、自宅に着いたのが、夕食タイムを含めて、9時半でした。

往復約600㎞走行。さすがに今日は何もする気が起きず、店でぼおっとしております。そんな状態でも十分対応できる、よく言えば長閑な、悪く言えば暇な店ですから…。(笑)

 

 

| | コメント (0)

2023年10月 8日 (日)

◆今年も贈っていただけました その2

今年も贈っていただけました。それがこちらです。

385461514_2153775574824963_9072244238609

これが送られてくると、秋になったなぁと思いますし、今年もあと少しだなと焦りを感じてしまいます。

ネット動画で簡単に皮を剥く方法を検索して試みましたが、なかなか動画通りにはいかず、結局2時間ほどかかってしまいました。更に1/3ほどまだ残っています。冷凍して簡単に皮を剥く方法もありましたので、今度はこれを試してみようと思います。

まずは、栗ご飯にしていただきました。美味しゅうございました。

| | コメント (0)

2023年10月 3日 (火)

◆情熱の軌跡展 鄭東珠(チョン・ドンジュ)開廊20周年

朝夕、めっきり涼しくなってきました。ややもすると寒いくらいです。

まだ、半そで・短パンで頑張っていますが、そろそろ無理かなと思っています。

さて、秋と言えば、食欲、そして芸術の秋です。先月、1枚の葉書が届きました。それがこちらです。

Cci20230907_0001

Cci20230907

開廊されて20年になるのかと。すると、前職の時に伺ったわけですから、17、8年前になるのでしょうね。画廊近くの蕎麦屋さんに行き、ついでにふらりと立ち寄って、思わず1枚衝動買いしてしまいました。それから、毎年年賀状を頂いております。

6年ほど前に湯布院に入ったのですが、立ち寄ることは出来ず、疎遠になっております。できれば伺いたいところですが、懐具合と遠距離ということで、遠くから展覧会の成功を祈念することにします。 

| | コメント (0)

2023年9月28日 (木)

◆奇麗なのですが…、臭うのです。

今日まで暑い日が続くとか。

秋の気配とともに、爽やかな風が吹いていますが、臭いのです。

まるで鶏糞を撒いたような異臭がします。その匂いがすると、また、今年もかと、少しばかり憂鬱に。

その匂いの正体はこちらです。

381412875_2149074008628453_1471096010650

稲が植えられていない田んぼに蕎麦の花が満開です。画的には奇麗ですが、実際は…。

あと少しの辛抱です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧