« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

◆滋賀県の最後は三島池でしたか… こころ旅

今日で4月も終わります。ゴールデンウイークは既に始まっていて、今年は人手が多いとのこと。人の流れが起きないとなかなか片田舎のお店に来ていただけるのは、難しいので、歓迎すべきことかなと思います。

話は変わりますが、今年で12年目のNHKBSの「こころ旅」。今週は滋賀県編でした。月曜日はその週行くところのフラッシュ映像とお便りのコーナーですが、その時に醒ヶ井の地蔵川の映像が流れていました。どこへ行かれたのかなと思っていましたが、金曜日放送分でそれが三島池だったことを知り、大変残念に思いました。ちょうど桜が見頃の時期でしたので、近くを通り過ぎていたのかもしれません。

放映を見て、自転車のルートをチェックするのですが、最近はクルマの通りの少ないところをあえてルートとしておられますので、近くをクルマで走行していても気づくわけがございません。いつまでこの番組が続くのか分かりませんが、いつかは火野さんにお会いしたいと放送を見るたびに思います。

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

◆小っちゃい~ 小鮎の山椒煮

夜来の雨も朝方には上がりました。こうなる時になるのが筍。雨後の筍がまさしく当てはまり、収穫したのは十数本。もともと筍農家ではありませんので、竹藪に手を入れておるわけではなく、掘り出すのに手間がかかります。今日は土が乾いてからと昼からやり始めましたが、それでも1時間がかかり、そして、茹でるのに3時間、今日は筍と格闘して1日が過ぎていきます。その筍ですが、今年は雪の影響か、10日ほど遅く出始めました。

筍と同時に気になるのが、小鮎。山椒煮が食べたくてスーパーの鮮魚売り場をチェックしているのですが、いつも行くスーパーには出ていなくて…。一昨日、近江八幡の帰りに別のスーパーによりましたら、ありました。しかし、生シラスかと思うほど小さくて…。500gで980円也。100g換算で196円となります。

Img_20220420_175048

びわ湖の名産品の一つ、小エビも交じっていたりして。苦味は少なくて、くぎ煮が好きなカミさんはこちらの方が良いと申しております。因みに、昨年は3月2日に食べており、100g当たり275円でした。

 

 

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

◆ラコリーナ近江八幡 たねや

今日は良いお天気。店を開けていても…、なので、出かけることに。以前から気になっていた「ラコリーナ近江八幡」に行ってきました。建てられた時はメディアでも良く取り上げられていました。また、公式ホームページには混雑予想のカレンダーが表示されておりまして、本日は「ゆったり」との表示。到着したのは、11時半ぐらいでしたが、すでに駐車場には結構な車が…。「これでゆったりか、混雑したらどんなことになるのかなぁ。ご近所さんは迷惑だろうな」などと思いながら施設へと。施設概要は検索してもらうとして、回廊に出た途端、トラクターの音が。耕運されていました。そして、その時に出る土の匂いが…。うーん、この匂いは畑を耕しているときに嗅ぐ匂い。裏山の借景、建物の屋根はわざわざ植物が植えられていて、潅水もされていたりと…、里山のイメージ。そんな中にお店がある感じで、片田舎の住人にはわざわざ出かけてこなくてもという感じが正直しまして…。

しかし、今回の目的はカミさんがカフェでこれを食べたいとのことでして…。

278859492_1777438822458642_5423271378101

焼きたてバウムクーヘンのセットです。カフェはソーシャルディステンスが取られていて、足形マークが離れて貼られていますので、土・日はどうなるのかと怖いもの見たさが湧きました。我々の前に3組おられましたので、待ち時間は10分ぐらいだったでしょうか。でも、お昼前でしたので、お昼時はさらに混んだでしょうね。

そして、私はこちらを

278835048_1777438879125303_7349856798460

ソフトクリームです。糖尿病患者ですから、これでもという思いはあるのですが。原材料はジャージー牛乳だそうです。何年ぶりかにこめかみがキンキンしました。食べたらあかんという事でしょうね。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

◆鶯が鳴いておりました

あれよあれよという間に4月も半ば過ぎ。桜も散って葉桜になり、周りの山々は様々な緑色をしており、新緑の季節に移ろうとしております。今朝、5時半ごろ高校の周りの道路を歩いていましたら、鶯の鳴き声が聞こえてきました。自然が豊かな片田舎の朝でした。早朝に散歩をしていたのではなく、回覧板を回しに行ったのでした。

店は相変わらずの状況ですが、プライベートでは4月から自治会の十数組あるうちの一つの組長が回って来まして、年度初めという事もあり、組内を周ることが多くなりました。当然自治会会合も4月は2回ありました。

そして、今年は10日ほど遅れて筍が出現してきて、その対応に追われています。掘るのに1時間、一鍋4本ぐらいしか茹でられませんので、茹でるのに3時間程度かかり、その後、もらっていただける方への梱包作業が待っていまして、なんだかんだで1日が過ぎていきます。今年は西の方から送らせていただき、ようやく近畿地方まで来ました。今日は20本ほど出荷致しました。あと数件残っていますので、あと1週間は筍との格闘が続きます。

| | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

◆三島池の桜が見頃です

今日は少し風が冷たく感じるものの、良いお天気です。そして、やはり入学式で、店の前の道路は通勤・通学時間になると、信号待ちの車の渋滞の列ができて、田舎ですが、少し街気分が出ます。

開店前に裏の畑にじゃがいもを植え付け、郵便局に出掛けたついでに三島池に寄ってみました。

277780178_1768750773327447_2520164642207 277572981_1768751073327417_7743994868371

桜が見頃となっており、少し離れた駐車場には車が数多く止まっていました。鴨たちも北へ帰ったのか、まばらでした。週末はお天気が持ちそうで、時間があれば出掛けられてはいかがですか。そのほかの名所も見頃となっているそうです。

その際には、当店にもお立ち寄りいただけるとありがたいのですが…。

| | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

◆ウクライナは明日の日本の姿

事務所の窓から見える高校の土手の桜はほぼ満開です。多分明日が入学式だと思うので、グッドタイミングですね。当店は未だ春は来ず、いつも通りの状況です。

Dsc01765

話は変わって、毎日毎日テレビを点けるとウクライナ状勢。あまりにも情報の裏付けもなく、垂れ流し状態ですので、全く観ません。あえて、国民の目をそらす目的で報道しているのではと、天邪鬼な私は思っています。ロシアの侵攻が始まった時、まず疑問に思ったのが、何故ウクライナはやられ放題なのかという事です。例えばモスクワに反撃をするとか、モスクワでなくてもロシア領を攻撃しないのかという事でした。当初はロシア領を攻撃すると戦争が拡大するからと考えていたのですが、実はウクライナは専守防衛の国だったのです。おまけに自国の領土と国民の安全を担保に核を手放した時に、非核三原則を宣言したのだそうです。

「専守防衛」「非核三原則」を掲げている国がありますね。そうです日本です。厳密に言うとウクライナの非核三原則の三つめは「使わず」で、日本の「持ち込ませず」と違いますが。防御専門は、ボコボコにやられるという事が証明されているのに、メディアも政治家もコメンテーターも言わない。さらに言えば、ウクライナの防衛費はGDPの4%で、日本の4倍です。

もっとも問題なのは、これは個人的に思っていることですが、「自衛隊は戦えない」という事です。ウクライナよりもさらに現状の日本はやばいのです。もちろん、士気の高い自衛官たちですから、裁かれるのを覚悟で戦って下さると信じています。何故戦えないかというと、自衛隊は軍ではなく、憲法にも記されていないからです。憲法9条があれば平和だと言われています。その9条には陸海空、その他の戦力を保持しないとあります。現状は、憲法を変えずに解釈で自衛隊は合憲となっていますが、問題は軍法がないことです。軍隊は軍法で裁かれるので、してはいけないことだけ決められています。他方自衛隊は、出来ることだけ自衛隊法で決められています。

外国からの侵攻があり、自衛隊が戦って、外国軍人を殺したとします。この場合、民法で裁かれるのが現状です。国と国民を守るために止もう得ず戦死させた場合は、現行では殺人罪で裁かれることになります。こんな状態で、国と国民の命を守ってくれと言えるのでしょうか。あまりにも政治家やメディアはレベルが低く、本質の議論をしてくれません。春だからと言って、頭の中もお花畑で良いのでしょうかね。

 

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »