« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

◆ノーアタック、ノーチャンス

久々の更新です。本当は書きたいことが色々あったのですが、面倒くさいが優先してしまって…。これではだめだと思いなおしまして、書く力を取り戻す意味でも更新することにしました。8月に入り、テレビではいつも通りの反戦キャンペーンが繰り広げられ、テレビを観ていては思考停止になると、ますます見なくなり、当然新聞も…。このことについては後々書くとして、今回は佐藤琢磨選手のインディ500マイルレースの2度目の優勝について…。

2020082400000006msportcom0001view

<ヤフーニュースから拝借>

日の丸、ホンダとパナソニックのスポンサーロゴ、日本人としては嬉しい限りです。今回で104回目のこのレースですが、世界3大レースの1つと言われ(残り2つはルマン2ン時間、F1モナコグランプリ)、これに優勝するだけでも名誉なのに、2回も優勝するとは、そして43歳という年齢で、正に偉業ですね。それにしてはメディアでの取り上げ方が少ない。コロナ、コロナと、暗いニュースばかりを垂れ流さず、こういう明るい話題を取り上げるべきなのですが…。

琢磨選手がインディ500で日の目を見たのが、今回のチームでラスト1週まで2位で走行し、ファイナルラップで果敢にアタックして、第1コーナーでスピンし、壁に激突で終わったシーンでした。並の人間では2位に甘んじるでしょう。しかし、2位じゃダメなのです。これを見ていた他チームに引き抜かれ、さらに他チームに移籍して、第1回目の優勝。つまり、2位からのアタックが無かったら、この優勝はなかったといっても過言ではありません。琢磨選手のモットーは、「ノーアタック、ノーチャンス」です。つまり、挑戦しなければ、チャンスは訪れないという事です。

その後、古巣のチームに戻っての2度目の優勝。格別のものがあったと思います。今回の優勝は前回と違って、早めに勝負に出て1位のままイエローフラッグが出て優勝となりました。多少仕掛けが早かったと思いましたが、仕掛けていなければイエローが出て2位のままだったでしょう。これも「ノーアタック、ノーチャンス」でした。さらに今回は、今までとは違って、冷静沈着でした。アイスマンでしたね。いい意味で、年齢が影響したのではと思います。もう一つ琢磨選手にはとびぬけた能力があります。セットアップ力です。つまり、音楽で言えば調律という事ですか。更に英語が達者ですから、思っていること、体感したことをメカニックにストレートに伝えることができ、マシンを仕上げることができるのです。ですから、チーム全体でなしえた偉業なのです。

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

◆シエラ 高速ツーリング 

暑い日が続きます。お盆ですが、一応店は開けているのですが、こんなに暑いと外へ出る気にもならないでしょうから、早めに店じまいとしましょうかね。

 

さて、一昨日、和歌山へ義理ごとに出掛けていきました。1,000kmまでは慣らし運転をしたかったので、長距離を一定の回転数で走行できるから、ちょうど良い感じでした。前車ファンカであれば、アクセルをガンガンに開けたのですが、そうはいきませんし、何回転で時速何キロ出るのか分かりませんでしたので、とりあえず走行車線を走らないといけないと思い、3時にスタートしました。当然のこと、高速に乗ると周りはトラックばかりですから、車速が遅いので流れに乗りやすかったです。3,000回転で時速100㎞でした。

実は15年ほど前にポンコツのJA11を10万円で購入し、50万円かけていろいろ直しましたが、高速走行はとても厳しかった思い出がありますので、ちんたら走らなければなりませんから、早朝に出掛けたのでした。JA11と同時期にG550AMGにも乗っていましたが(もちろん社用車)、こちらはこちらで高速走行には向いていませんでした。何せ四角ですから、戸板を立てて走っているようなもので、空気抵抗が大きいからです。もちろん、アクセルを開ければかなりの速度まで行きますが、その分ガソリンが…、でした。

シエラはJA11で心配していたことは何も起こらず、普通にクルージングできて、クルマの進化を感じました。更にクルーズコントロールが付いているので、試してみようと思ったのですが、スイッチを押すところまではいってもセッティングができず、スピードダウン。そこでトイレ休憩を兼ねて、取説を読むことに。基本的に取説を読まない人間なのですが、ここは素直に…。

Img_4270

右側のスイッチです。3つあるうちの回転系に矢印が刺さっているスイッチを押して、モニターにそのマークが点灯するのを確認して、中央の上下に動くスイッチを下に1回下げます。これで走行しているスピードが保たれます。さらに追加する場合には上下スイッチを上方向にシフトしていきます。下げる場合は逆で、クルコンをやめる場合はキャンセルボタンを押します。また、クルコンを使用していてもアクセルで加速はできます。

左のスイッチはオーディオ関係ですが、色々試しているのですが、まだ完全に自分のものにできていません。あまり、音楽などを聴かないので、少し時間がかかるでしょう。

最後に唯一気になったことは、駆動系から、多分福変速機からだと思うのですが、ヒューンという作動音が聞こえてくることです。おそらく音楽をかけていたら、聞こえない程度のものですから、気にならない人は多いと思います。

今一つ考えていることがありますから、試してみることにします。

 

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

◆やっぱり似てますかね

暑い日が続きます。今朝は陽が昇る前に花壇に植えてあるオリーブの選定を。指定ゴミ袋4つ分刈り込みました。お盆前にしなければならない仕事が1つ解決。所要時間1時間半。しっかりと汗をかきました。

 

さて、昨日、納車されました。登録してから20日強です。メーカーにある段階で、大安登録しましたので、仕方がありませんし、塗装屋さんで下回りとバンパーなどの塗装を。更に自動車屋さんでナビとドラレコの取り付けをしてもらったので、こうなった次第で…。

Img_4268

バンパー、オーバーフェンダー、ステップ、オプショングリルの塗装をしたのですが、ゲレンデのミニバージョンみたいという声が多くて。私としてはそんなつもりはなく、あえてグリルをヘッドマークのSと伝統の5スリットのノーマルからSUZUKIのロゴの入ったオプションに替えたぐらいですから。バンパーはノーマルは黒一色ですが、塗り分けにこだわって…。因みに16年前に550AMGに乗っていました。もちろん社用車ですがね。当時は1,500万円位だったと思います。

オーバーフェンダーの塗装は、黒しかありませんので、ボディカラーがパールWだと、オーバーフェンダーが目立ってしまい、軽にとって付けて普通車にしました感が強くなるので、同色に。ディーラーの方がシエラとは気づかず、軽と思ったぐらいですから、ある意味成功ですか。

Img_4265

スペアタイヤのホイールが鉄チンなので純正アルミに変更。以前報告しましたシーケンシャルのテールが変更点。バンパーが白くなったので、クリアレンズの方が良いかなと思っていましたが、正解と自己満足。

そして、当地は冬期に塩カリが散布されますので、下回りの防錆塗装を。

Img_4266

永く乗るつもりですから、錆は大敵です。費用は60,500円でしたから、案外リーズナブルですか。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

◆ダヤンの夏祭り開催!!

今日から8月。梅雨明け10日と言いますが、急に暑くなって、体調維持が大変です。

テレビのニュースはコロナ、コロナでうんざり。地方の者にとって、朝一で都知事の顔を毎日見るのは、正直辛いものがあります。

そんな思いを吹き飛ばそうという事ではないのですが、本日より「ダヤンの夏祭り」を開催します。

期間は8月30日(日)まで。

3300円以上お買い上げで、手ぬぐい1枚プレゼントさせていただきます。ただし、数に限りがありますので、無くなり次第終了させて頂きます。

2020summer_pop

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »