« ◆クールアイテムのご紹介 | トップページ | ◆ダヤンズ・バースディ »

2020年6月28日 (日)

◆そば処 たみと

養老公園の近くにあります。以前は月に1回、その前の道路を通っていましたので、立ち寄りたかったのですが、時間が合わず、叶いませんでした。という事で、昨日、ここだけを目当てに行ってきました。開店時間の11時を15分ほど回ってしまいましたが、座敷席とカウンター席(各2人)しか空いておらず、カウンター席をチョイス。コロナの関係でしょうな、カウンター席は2つしかありませんでした。

孝子丼と蕎麦のセットをチョイス。

Img_20200627_113825

孝子丼とは親子丼のことですが、養老町ですから、親孝行な子供から名付けられたのでしょう。蕎麦は10割で、切れや欠けがなくて、ツルツル。味に関しては様々ありますから、食べログでも参考にしてください。

私は商売柄、蕎麦を茹でるオーナーさんや女性スタッフの動きが気になります。接客は感じ良く、挨拶も声掛けも良かったです。チェーン店のようなマニュアル感はなかったですね。蕎麦茹でパフォーマンスは一見の価値がありますな。大きな釜に1杯分の蕎麦を入れますが、その蕎麦はアルミ箔のようなものに1杯ずつ取り分けてありました。窯の蓋をすると、頭上の排気ダクトにセットしてあるタイマーをオン。しかし、ピーピーという音は鳴らず。茹で上がると大きな手付きザルで掬い上げて、蛇口から出しっぱなしの流水でしめる。その後、手付きザルを頭上に掲げて水を切る。水がある程度の細さになったら体の前でしゃくって、お皿に盛る。とこんな感じです。また、シンクの左横にはガス台があって、そこで丼のタネや蕎麦がきを作ります。揚げ物は窯の右にあって女性スタッフの担当。窯に注がれている水道のコックは潰してあり、シンク横まで持ってきてきてありました。無駄な動きをしなくても良いという、考えられた構造ですね。オーナーが最小の移動で、料理できるレイアウトでした。

店内は綺麗ですし、感じの良い店でしたが、一点だけ×が。それはジャーの中にしゃもじが入っていることでした。

店を出るときには2組ほど待っておられましたし、諦めて帰られるお客様もおられました。行かれるのであれば、開店時間をめがけて行くのがおススメだと思います。

 

 

 

|

« ◆クールアイテムのご紹介 | トップページ | ◆ダヤンズ・バースディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆クールアイテムのご紹介 | トップページ | ◆ダヤンズ・バースディ »