« ◆古物商は届け出が必要です | トップページ | ◆琵琶の長寿 蔵人 »

2020年3月11日 (水)

◆Fukushima50

今日は3月11日。もう9年経つのですね。

という事で、以前から気になっていた映画を観に、彦根まで行ってきました。映画、記憶にないほど久しぶりです。そして、Vivacityも…。

上映時間は13:10で、少し早めに出たものですから、まだ上映時間までに時間がありましたが、まずチケットを購入。一般は1,800円だったのですが、シニア割引きで1,200円也。なんだか微妙な気持ちが…。

それから、店内をウロウロと。ずいぶん行っていませんので、キョロキョロ。結構、学生と思わしき人が来ていたので、少しビックリ。

そして、上映時間が近づいたので、館内へと。世間で言われていた1席ずつ空けてというものではなく、自由席。最終的には、20人前後の人で、ガラガラ状態でした。肝心の映画はというと、リアルでした。ノンフィクションですから、当たり前ですが…。個人的には火野正平さんが良い味出していました。そして、うかつにも涙する場面もあって…。本当にこの人たちのお陰で、日本が救われたのだと…。

それに引き換え、メディアはダメですな。今朝のNHKニュースを見ていたら、汚染水は出っぱなしだと。そして、タンクはあと数年で満杯になると煽っていました。これは明らかに印象操作です。タンクに入っているのは、アルプスで処理をした「処理水」ですが、その言葉は使われていませんでした。Fukushima50が頑張ってくれなければ、東京には住めなかったはずなのに。福島をディスってどうするのだ!

割引きを利用させて頂きましたので、パンフレット900円を買ってきました。

Img_3950

|

« ◆古物商は届け出が必要です | トップページ | ◆琵琶の長寿 蔵人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆古物商は届け出が必要です | トップページ | ◆琵琶の長寿 蔵人 »