« ◆10月10日は・・・。 | トップページ | ◆芋煮とカレーうどん »

2019年10月18日 (金)

◆売上は客数✖客単価

時間が経つにつれ、台風の被害が大きくなっています。そして、10月からの消費増税、弱小小売業にとって大変厳しい環境下にあります。我々商売をするうえで、常識となっている公式が「売上=客数×客単価」です。

 

話は変わって、昨日の朝のこと。5時のNHKニュースを見ていたら、9月の訪日韓国人は前年比58.1%減とヘッドラインが出て、それについて報じていました。「お隣の国」という枕詞?をつけるほど韓国押しのNHK、どう報じるのかと注視していましたら、影響が出ると締めくくっていました。それを見て、画面に向かって「おい、全体の訪日外国人の数はどうなったんや」とツッコミを。で、ネットで調べてみたら前年同月比5.2%増とありました。トータルで見れば増えているのですから、印象操作そのものだと言わざるを得ません。

 

なぜ、このようなツッコミを入れられたかというと、8月も同じようなニュースが流れ、トータルの訪日外国人の数も減少していたのですが、逆に消費額全体は増えていたからでした。つまり、客数は減ったけれど、客単価がアップして、消費額(売上)がアップしたことになります。そこで、9月の消費額を調べようと政府の官公庁のHPを見たところ、7月~9月の訪日外国人1人当たり旅行支出の一覧表が出ていました。

Cci20191017

何と韓国人の1人当たりの旅行支出は、20か国中最下位で、85,421円となっています。

タイトルの「売上=客数×客単価」を当てはめると、お金を遣ってくれるタイ、インドネシア、ベトナム、シンガポール、マレーシアなどの東南アジア、そして、欧米の観光客に来てもらうよう、努力をした方が良いと思うのですが…。

 

 

 

 

 

|

« ◆10月10日は・・・。 | トップページ | ◆芋煮とカレーうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆10月10日は・・・。 | トップページ | ◆芋煮とカレーうどん »