« ◆美山かやぶきの里 | トップページ | ◆朝ローソンセット »

2019年7月27日 (土)

◆サツマイモの蔓の炊いたん

今日は土用の丑の日だそうで、チラシには鰻が…。しかも一尾3,000円前後と超お高くて、同じお金を遣うのなら、個人的にはg750円位の牛肉400gの方が良いと思います。g1,000円のお肉は差しが入り過ぎて、この歳ではちと辛いです。

話は変わって、美山かやぶきの郷に出掛けた折に、途中の道の駅で、これを見つけまして、他の夏野菜と一緒に購入。

Img_3393

蕗ではなく、サツマイモの蔓です。貧しい母子家庭で育った幼少期、これがよく食卓にできました。いわゆるおふくろの味っていうやつです。大きくなってからは、ほとんど食べなくなりましたが、40代ぐらいから、無性に食べたくなり、母によく作ってもらいました。その母も昨年あちらの世界へ。その前に一応レシピを聞いておいたのですが、果たしてどうなるか、チャレンジしてみました。

まずは皮を剥くのですが、意外とこれに時間がかかります。皮がむけたら沸騰したお湯に入れて、あく抜きと下茹でを。そして、水で一度冷やしてから、4~5cmの長さに切ります。鍋にサラダオイルを引いて軽く炒めて、出汁(醤油、味醂、砂糖を適量)を張り、昆布を適量カットして、入れて炊くだけです。母の場合は市販の出汁の素を使っていたのですが、この時は、事前にカミさんがナスと万願寺トウガラシの揚げびたしを作っていたので、その出汁を再利用して。カミさんは削りカツオで出汁を取りますので…。できたものがこちらです。

Img_20190727_051834

これが日本酒に合うんです。

 

|

« ◆美山かやぶきの里 | トップページ | ◆朝ローソンセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆美山かやぶきの里 | トップページ | ◆朝ローソンセット »