« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月30日 (火)

◆ダヤンの夏祭りのお知らせ

いやぁー、今日も暑い。しなければならない雑用があるのですが、梅雨明け1週間は身体が暑さに慣れていないということで、熱中症にかかるリスクが高いということを聞きましたので、ひたすら事務所(お店)にこもっております。

さて、たまにはダヤンのお話もしなければ、本当にダヤングッズを取り扱っているお店なのかという印象を持たれてしまいますので…。

「暑い夏をかわいいうちわで乗り切ろう!!」ということで、ダヤンの夏祭りを開催します。

期間は8月3日(土)~8月25日(日)

内容は税込み2,160円以上お買い上げに付き、ダヤンのうちわを1本をプレゼントさせて頂きますので、是非ご来店下さい。

Photo_20190730175701

※うちわはなくなり次第、終了とさせて頂きます。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

◆朝ローソンセット

昨日のこと。

毎週土曜日の朝食は、ローソンのサンドイッチと決めています。ややもすると、引きこもりのような状態となり、今日が何曜日か分からなくなるのを防ぐ意味で、日本海軍の金曜カレーを真似て実行しています。

そんなことはどうでも良いのですが、いつも通り、コーヒーのSとハムサンドを購入してレジに持っていくと、店長から「今、このセットで48円引きなのですよ。このキャンペーンが始まる時に、真っ先にお顔が浮かびました」と言われました。週一しか行かないのに、そんなことを言われると、嬉しくなってしまいます。

当店もそうでなければと反省しきりでした。まっ、コンビニとは比較するまでもなく、来店されるお客様が少ないので、ほとんど記憶できていることが、逆に残念なところです。

Img_3394

 

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

◆サツマイモの蔓の炊いたん

今日は土用の丑の日だそうで、チラシには鰻が…。しかも一尾3,000円前後と超お高くて、同じお金を遣うのなら、個人的にはg750円位の牛肉400gの方が良いと思います。g1,000円のお肉は差しが入り過ぎて、この歳ではちと辛いです。

話は変わって、美山かやぶきの郷に出掛けた折に、途中の道の駅で、これを見つけまして、他の夏野菜と一緒に購入。

Img_3393

蕗ではなく、サツマイモの蔓です。貧しい母子家庭で育った幼少期、これがよく食卓にできました。いわゆるおふくろの味っていうやつです。大きくなってからは、ほとんど食べなくなりましたが、40代ぐらいから、無性に食べたくなり、母によく作ってもらいました。その母も昨年あちらの世界へ。その前に一応レシピを聞いておいたのですが、果たしてどうなるか、チャレンジしてみました。

まずは皮を剥くのですが、意外とこれに時間がかかります。皮がむけたら沸騰したお湯に入れて、あく抜きと下茹でを。そして、水で一度冷やしてから、4~5cmの長さに切ります。鍋にサラダオイルを引いて軽く炒めて、出汁(醤油、味醂、砂糖を適量)を張り、昆布を適量カットして、入れて炊くだけです。母の場合は市販の出汁の素を使っていたのですが、この時は、事前にカミさんがナスと万願寺トウガラシの揚げびたしを作っていたので、その出汁を再利用して。カミさんは削りカツオで出汁を取りますので…。できたものがこちらです。

Img_20190727_051834

これが日本酒に合うんです。

 

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

◆美山かやぶきの里

昨日のこと。朝餉の折に、カミさんが「今日は休みだ」と申しまして…。

どこかへ連れて行けということだなと忖度しまして、「とりあえず三方五湖でも行ってみるか」と。しかし、道すがら話をしていると、どうやら過去に行ったみたいとなりまして、それならば美山かやぶきの里でも行ってみるかということになり、そちらに向かいました。琵琶湖の反対の高島に出て、そこから小浜まで行って、南丹の方へ。到着したのが11時半ごろ。平日、誰もいないだろうと思っていたら、意外にも観光客が。更に外国の方も多くて、ビックリ。あとでポスターを見たら、京都駅からの直行バスがあるみたいです。

とりあえず、全体写真を撮って

67334659_1021493834719815_38222644065830

そして、まずは腹ごしらいということで、駐車場横の「きたむら」という食堂に。

67134061_1022197121316153_51932987214413

もり蕎麦820円とミニ親子丼310円を。

蕎麦は自家栽培で手打ちということでした。出汁は個人的には少し濃い感じがして…。しかし、蕎麦は細麺で、のど越しはバッチリ。

お腹もいっぱいになったところで、集落を散策。しかし、暑うおました。坂道でしたし、デブにはちと…。集落の方は実際に生活をされているわけですが、ゾロゾロ知らない人が散策するって、どういう気持ちなのでしょうか…。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

◆やっと梅干しを干すことが…

久しぶりのお天道様が顔を見せたかと思ったら、いきなりの暑さ。たまりません。

梅雨の間、頑張ってくれた新しい家電がこちら

66643505_1015321212003744_23471232412706

我が家は洗濯物は部屋干しですから、梅雨時期は乾かなくて、しかも嫌な匂いも

洗濯班としては、これに悩んでいたのですが、今年はサーキュレーターのお陰でバッチリでして。しかもびっくりするくらいタンクに水が溜まり、変な達成感が生まれます。

さて、話を戻して、梅酢に漬け込んでいた梅ですが、天気周りが悪くてなかなか干せず、ずっとフラストレーションが…。

今日はようやく干すことができました。そして、生生姜も白かったものが、しっかりと紅色に…。

67661037_1020886151447250_49337768945385

これで我が家の1年分の紅生姜は確保できました。そして、梅干しはこちら…。

66819993_1020886534780545_14763828876022

まずまずの出来と、自画自賛。しかし、1粒いくらになるのでしょうな。

仮に南校梅を90個とすると、1個当たり33円。赤紫蘇が3袋で1000円弱だったので、11円。計45円でしょうか。意外と高い。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

◆ドリーマーとリアリスト

最近何だか気分はブルー。

まずは消費増税が決まったこと。アベノミクスがうまくいかないのは、消費増税をしたからであり、あれがなければもっと早くに景気が回復していたと考えられる。最近、景況感が悪くなっているにもかかわらず、また消費税を上げるという。今回は駆け込み需要も期待できないだろう。そもそも、消費税の導入は所得税の累進課税を緩和するためだったと記憶する。つまり、働いてお金を稼ぐ人がバカを見ないようにするためだった。消費税こそ平等で、所得の低い人にもかかってくる。それにもともと民主党の時に決めたことだから、野党も表立って反対できない。

そもそも、消費税を社会保障に充てることが間違っている。例えば、年金は保険だということが、意外と知られていない。年金2000万円どうのこうのというより、まず、しなければならないことは、年金定期便で、自分のもらえる金額を知ることだ。それで足りなければ自分で何とかするという単純なこと。車の保険に例えると、年金=自賠責保険で、それで足りない部分は任意保険=個人年金でカバーすることと同じなのだ。

 

話は変わって、参議院選挙で、滋賀県は野党統一候補が当選した。悪いけど、何も期待しない。単純に言えば、勿体無いおばさんの名誉回復(衆議院議員選挙で敗北)と6年間の所得の保証をしただけ。1年生議員がそれも無所属で何ができるのだろうか。こんな簡単なことが理解できない人が投票者の過半数居たということになる。憲法改正反対、9条死守、反原発がこの方の信条。

以前は、保守と革新という言葉が遣われていたが、最近は、ドリーマーとリアリストという風に考えると理解できる。保守、漢字から分かるように、保つ、守るということであり、護憲派は保守ということになる。他方、保守と言われている安倍政権、入管法の改正、アイヌ新法など、革新的な法律を通している。これではどちらが保守か革新なのか分からない。加計問題など、岩盤規制を打破する方が問題視されている、それもメディアも便乗して。

話は戻して、平和を唱えておれば、平和が保たれるほど簡単ではない。今の日本を取り巻く環境を見ておれば、そんなことはすぐ分かる。それを見て見ぬふりをするのがドリーマーである。反原発にしたってそうだ。ホルムズ海峡が封鎖されれば、とたんにエネルギー不足に陥る。自分の国のタンカーは自分で守れと言われても、現行憲法では無理だろう。日本は、敗戦の原因を真剣に考えてこなかったから、その歪みがいまだに残る。なぜ、拉致被害者が70年も取り返せないのか。

リアリストであれば、その問題は現行憲法にあることはすぐに分かる。リアリストであれば、勿体無いおばさんが議員になっても何もできないことは分かる。滋賀県は知事も元社民系で、最初の選挙応援には、立件民主党の国対委員長がやってきていたと記憶する。そんな県が、中央から、金を引っ張ってこれるだろうか。まず、期待はできまい。

こんなこと、片田舎の雑貨店の店主がぼやいていたところで、何も変わらない。しかし、最近の状況を見ていると、ぼやかずにいられない…。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

◆じゃがバター

今日の昼餉はじゃがバターでして。ジャガイモをよく洗って、十字に切れ込みを入れ、キッチンペーパーを濡らして巻いて、その上にラップをして、レンジで5~6分加熱すれば出来上がり。

もちろん、ジャガイモは自家製でして。

Img_20190716_121554

先週、福島から帰った翌日に、ジャガイモを掘り出しました。格闘すること1時間半。大きなものだけは別の場所に運んで、残りはそのまま。

今日したのは、まず、そのジャガイモをコンテナに移動させて、とりあえず、店内に。温度と日光の関係で一時避難。

Img_3392

雑貨店じゃなかったのかと、自らツッコミを入れながら…。

ほったらかしにしておいた残りのジャガイモを畑の外に運び出して、その中から良さげなものを種芋用に選別して。

そして、そのあと、草が一面に生えましたので、ミニ耕運機で畑を耕しました。

Img_3391

その後、里芋の3度目の土かけを…。

Img_3390

成長が遅く、そしてバラつきがあります。仕方がありません。ちゃんと植えたものではなく、昨年収穫できませんでしたので、土の中に残っていたものが自生して、それを移植したからです。

今年は、ジャガイモも里芋も種代はかかっていませんので、出来なくてもノープロブレムです。こんな風にして、3時間、しっかりと汗をかきました。たまにはこういうことをしないと、身体が変になりますから…。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

◆懐かしかった

あれよあれよという間に7月も半ば…。前回も同じ書き出しだったような。今週は特にバタバタしております。

水曜日にセミナーを主催しましたので、その前はネタ作りで時間が過ぎていき、そのセミナーも今回で55回目ですから、ネタも当然枯渇するわけで…。そして、その足で福島県まで。新幹線、久しぶりに乗りました。

そして、新白河から磐城棚倉までは、JRバスを。この路線、昔は鉄道が走っていましたので、半分くらいはその廃線後を走るバス専用道路になっています。最初に行った時、20年くらい前でしょうか、初めての経験で興奮していました。今も珍しいと思いますよ。

いつもは車なので、久々に当時を思い出し、懐かしんでおりました。

66655917_1012868188915713_47582279274499

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »