« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

◆鯖寿司 京極寿司

早くも、1月度が終わろうとしております。2日から葬儀に始まり、その他もろもろの…おかげで、いつもより早く日が過ぎてしまいました。

今日は、お天道様も出ましたので、少し雪は解けました。でも、また降るみたいですね。

話は変わって、時々食べたくなるのが、鯖寿司。私は「バッテラ」と言いますが…。お土産に頂いたのが、黒壁界隈にある「京極寿司」さんの鯖寿司。相変わらず、美味しゅうございます。

Img_20180129_121049

Img_20180129_121231




| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

◆ラーメン まさゆめ

今朝起きれば、またまた白き世界が目の前に。10cm強だったので迷ったのですが、5時半から除雪開始。少ない雪は高速で除雪できますので、30分ぐらいで自宅は完了。そして、8時半ぐらいから店の方を…。本日も開店休業状態。

さて、いつの間にか当ブログも食べログみたいになっていますが、今回はラーメンを。旧長浜庁舎跡のコインパーク横にある「まさゆめ」さんを。今回で2度目ですか…。メニューは迷ったのですが、塩ラーメンをチョイス。

19554479_712137032322165_6699149965

魚介の香りが鼻に抜けましたので、Wスープでしょうか。麺は細麺のストレート。味は可もなく不可もなくという感じでした。もっと味の濃いスープを頼んだ方が良いなと、次は味噌にしようかと思っています。

そして、出来るだけカウンターに座るようにして、中の動きを見ることにしています。職業病でしょうか。まず、厨房の壁がホワイトで、しかも綺麗なのには関心しました。飲食店は特に清掃が一番だと私は思うのですが…。また、器も丼ではなく、逆コーン状で、底が小さくなっていました。オシャレを意識しているのかと思いきや、麺茹でのポイ?と同じ大きさで、窯の上で熱することができるのです。なるほど考えているなぁと・・・。

そして、ラーメンだけでは少し物足りないなと、餃子と小ライスをプラス。

26805414_712137035655498_9130791993

これも綺麗に包まれ、焼かれています。味はマイルドで、自分でつけダレによって自分好みにということでしょうか。



| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

◆成長しています

寒い日が続く毎日。今朝は一段と寒く、昨日掲載したお隣の生け垣の氷柱、見事に成長しています。

Img_1432

午前中は、お寺の用事てつぶれ、開店はお昼から。こんな天気でも来店して下さるお客様。ありがたいものです。感謝。

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

◆本日で、4日目

24日夕方から断続的に降り続く雪が、今日で4日目になります。即日、少しだけ晴れ間が出ましたので、しっかりと除雪しましたのに、今、物差しで測ったら12cm。除雪するかどうか迷うところですが、この後やむ予報が出ていますので、除雪するつもりでいます。

しかし、除雪機でするといっても、安全のために走行クラッチを握り続けていなければなりませんから、握力はなくなるし、マグカップでコーヒーを飲もうとすると、腕がプルプルと…。いかに運動をしていないかが、よく分かります。

昨日の午後のこと、除雪をしていると、1台の車がハザードを焚いて停車し、中から女性が降りてこられました。道でも尋ねられるのかなと思ったら、手には1眼が。そして、必死に構図を探り、シャッターを押されていました。その被写体とは…。

Img_1429

道路に融雪装置が敷かれていますので、クルマのスビートが上がり、結果、水しぶきが勢いよく上がるのですが、それがお隣の生け垣にかかって、氷柱ができたものです。

センターラインのない道路ですし、田舎といえどそこそこ通行量はありますので、まったく迷惑な話です。どうせ撮るのであれば、私のように早朝か深夜にすれば良いのにと思うのですが…。

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

◆とうとう降り出しました

東京で積雪が20cmあったとか。テレビなどで大きく取り上げていましたが、雪国に住む者からすれば、なんであんなに大騒ぎをするのだろうかと思ってしまいます。そして、不思議なことに、そんな時でも当地の積雪は0cmでした。しかし、昨日の夕方ぐらいから猛烈な風と共に地吹雪のように降りましたので、今朝はどうなることやらと思って、起きてみましたが、15cmぐらいの積雪です。ただ、今も降っていますので、この先どうなるかは分かりませんが・・・。

そんな中、昨日、主宰しています私塾を開講しました。今回で47回になります。現在、9年目で、今年の7月には50回の予定です。その時にお出ししたのが、井筒屋さんの駅弁、「てき重」です。

26904707_713905492145319_2391670123

ひもを引っ張れば、消石灰が水と反応して熱くなるタイプです。寒いと予測されましたので、いつもの幕の内とは別にしました。なんだかこのブログ、雑貨の話というより、食べ物主体ですね。

さて、今日は、のーんびりと除雪作業で1日を過ごそうと思っています。

|

2018年1月19日 (金)

◆桜の花のかたち…。

ここ数日は暖かくて…。

でも、来週の火曜あたりから寒くなるみたいで、勉強会を控えていますから、少しやきもき…。

1息子、この頃、東京出張が多く、少し前に電話がかかって来まして、「靖国神社に参拝に行くから、戦死した私の叔父の名前を教えて」と…。

で、護符とお神酒とお下がりを…。

Img_1397

お神酒の瓶の色形、桜なんですね…。これを見て、頭に浮かんだのは、「散る桜 残る桜も 散る桜」・・・。

お隣の国は相変わらず、英霊を侮辱し、それを仕掛けたのが日本の新聞。戦争中は戦争を煽り、戦後は手のひらを返して反日ですか…。

そのうち…。

|

2018年1月13日 (土)

◆記憶にないほど…。

朝起きたら一面の銀世界と思っていたのですが、意に反して昨夕のままで、空には星と三日月が出ていました。しかも放射冷却で、とても寒かったです。地球温暖化と言われる方々は、こういう時は息を潜めていますね。尤も環境問題=ビジネスと私は思っていますので、温暖化など全く信じていませんが…。

話は変わって、朝一で羽島の病院まで。月一のばあ様の同行です。帰りにお昼を和食チェーン店で取ることに。メニューの写真を見て、「味噌煮込みうどん」をチョイス。寒い時はやはり温かいものですね。しかし、前回食べた記憶がないほど、久しぶりでした。

26904638_709525652583303_3616057509

味は普通でしたし、メニューの写真とは少々違っていました。ただし、このお店はスタッフの接客は抜群です。

そういえば、今日は土曜日、どの外食店も車がいっぱいでした。景気が持ち直しているのでしょうね。当店にはあまり関係ありませんが…。

|

2018年1月12日 (金)

◆イタリア料理 カルチョ

今年もあれよあれよという間に、はや12日。七草がゆも終わって、15日まではあとわずか。1日からバタバタとしていて、お店も開けたり開けなかったりで、ご迷惑をおかけしているかも・・・。そして、新潟では雪で電車が立ち往生しているのに、当地は朝から寒いものの、良いお天気。・・・と、思っていたら17時ぐらいから降り出しました。積もりそうな雪です。

話は変わって火曜日のこと。来客がありましたので、お昼を食べに行くことに。無性にラーメンを食べたくなって、もう四半世紀は通っている「ラーメンけん」さんへ。ところがお店はお休み。定休日は月曜日なのに…。祝日の関係か。

となると、次を探さなければならず、とりあえず大垣方面へ。和食は飽き気味だったので、中華か洋食を。パスタが食べたかったので、グーグルでイタリア料理を検索すると、「カルチョ」さんが最も近いことが分かって、ナビ移動。住宅地の中にある、静かな所。名店らしき雰囲気が漂う。

店内に入ると、女性のカプルが2組。野郎2人連れは場違いな雰囲気。ランチコースは、パスタ、魚、肉があり、肉コースをチョイス。肉コースもステーキと和牛の頬肉の煮込みの2コースあって、後者をチョイス。コースはメインのほかに、野菜たっぷりスープとパン、デザートとドリンクがついています。

オーナー夫人と思われる方がフロア係で、丁寧に説明して下さる、優しい雰囲気が店内に。朝ドラの洋食屋さんを思い出していました。ランチコースは決めたけれど、どうしてもパスタが食べたくて、無理を言ってハーフサイズ×2にして頂きました。

野菜たっぷりにスープの写真は撮り忘れましたが、和牛の頬肉の煮込みはこちら。

Img_20180109_122457

美味しゅうございました。そして、パスタは生ハムのペペロンチーノ。

Img_20180109_121943

緑色の面は、ほうれん草が練りこまれているのでしょうか…。

お会計時に領収書をいただくと、あて名を尋ねられ、「ジユウジン」とお願いすると、「なんか余裕がある感じですよね」と言われました。実情は決してそうではないのに…。おそらく、リピーターになるでしょう。

|

2018年1月 1日 (月)

◆初売り

迎春

2015_2

今年もよろしくお願い申し上げます。

初売りは明日2日から!

3,240円以上、お買い上げのお客様に「浮き出る小皿」を1枚進呈いたしますので、重ねてお願い申し上げます。。



|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »