« ◆定休日のお知らせ | トップページ | ◆やっぱり2位じゃダメですね »

2017年5月28日 (日)

◆52年

また、忖度問題が取り上げられている。「もう、いい加減にせい」と言いたくなる。違法性はないのだから、わざわざ取り上げる必要もないし、それを取り上げた民新の議員も逆の疑惑を感じさせるを得ない。

この報道を最初に聞いた時、首相の関与以前に52年間も新設が認められていないことの方に重要性が高いと感じた。正に既得権益の塊ではないのか。いくらメディアや野党4党が足を引っ張ろうとしても、国民はそれほどバカではないし、むしろ文科省の許認可権、または私学助成金の判断基準に問題や癒着を感じる。

経済ジャーナリストの須田氏によれば、今治市のGDPは高知県に匹敵するそうだ。その財源は今治タオルの繊維業、そして、造船業だそうだ。だから、無償の土地提供や建設費の半額負担もできるのだろう。更に、大学誘致の理由は、高校までは今治で過ごしても、大学がないために、若者は県外へ出てしまい、そして、そこで就職活動をするので、定着率が悪いかららしい。

これのどこが問題なのだろうかと考えていたら、来島海峡の夕日を思い出していた。

20090905_181835

ずいぶん前の写真で、分かりづらいが、左手に造船所があるのだ。

そして、朝、逆方向を見れば…。

20090905_155854

建設場所を知らないが、今治は良いところで、きっと良い思い出ができるだろう。

|

« ◆定休日のお知らせ | トップページ | ◆やっぱり2位じゃダメですね »