« ◆あと1日ですね | トップページ | ◆定休日のお知らせ »

2017年5月11日 (木)

◆フードコートにて

時間の都合で、相手と昼食をとるのが、13時30分位になると思われた時の時間は2時間前。ダイエットのために何も食べずにおこうかと思ったが、低血糖が気になり、とりあえずフードコートに。そこで選んだのが、寿がきやラーメン。320円也。

20170510_122354

スープが苦手で何十年と食べたことがない。しかし、価格に負けてレジへと。しかし、スタッフさんはすぐにやってこず、返却場所で、食器を洗う準備をしていた。少しイラっとしたが、まっ、スタッフ2名でされているのだからと我慢。そうすると、私の後に3名並ばれた。そこでようやく、オバちゃんがやってきて、オーダーを聞く。もう1人の若いスタッフは、せっせと前に注文されたラーメンを作っていた。

呼ぶためのベル?(ピーピーとなる物体)を手渡されて、近くのテーブルに座って、スタッフの動きをそれとはなしに眺めていた。まず、ラーメンを作る係とレジ係は完全に分業。洗い物は、その時の状態を見ながら手の空いてるものがするという感じだった。作り手の若いスタッフの動きは綺麗だった。無駄がない。おまけに愛想もない(笑)

しばらくすると、なぜ私が待たされたのかが分かった。ある程度注文が溜まるのを待っていたのだ。タイマーのボタンは4つあったので、しようと思えばすぐに対応できる。しかし、4人ほど溜まってした方が、麺茹でに誤りが生じない。茹でる間に、注文に応じて、鉢を選び、トッピングを追加する。実に無駄がない。感心してしまった。

混雑する時間帯を2人で捌くための方法なのだろう。多少不満はあるが、ラーメン1杯320円だ。これには勝てない。低価格帯で勝負するやり方のヒントをもらったような気がした。

|

« ◆あと1日ですね | トップページ | ◆定休日のお知らせ »