« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

◆コラボ企画実施中!!

本日は、晦日。今日で8月も終わりです。本当に時間の経過するのを早く感じます。

さて、当地域に新聞を配達しておられる荒木新聞店さんの領収書が配布されているころだと思います。一度裏面をご覧ください。

Cci20160826

この領収書の裏面をご提示の上、ダヤングッズ3,240円以上、お買い上げ頂きますと、ダヤンのノベルティ(非売品)をプレゼントさせていただきます。

期間は9月末日までですので、お時間が許せばぜひお立ち寄りください。お待ちしております。


| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

◆やっぱり・・・

9月の初旬に39回目の勉強会が控えているために、考えをまとめようと、そして、引きこもってばかりではだめだろうと思い立って、昨日、急きょ出かけることにいたしました。

行先は、とりあえず決めず、北陸自動車道に乗って北に向かうことに。1か月前の走ったのですが、その時は真夜中でして、あたりは真っ暗ですから、昼間に出掛けるのは新鮮で。そして、いつもはパスする尼御前SAに立ち寄ることにしました。とりあえずトイレを済ませて、周りを見渡しますと、スマホを片手に歩いている人が数名。例のあれだとすぐ分かります。それも大人がです…。

立て看板を見ると近くに公園があるようなので、行ってみることに。途中銅像があって、尼御前の謂れを初めて知りました。もう30年ぐらい北陸道を利用しているのに、残念なことだと痛感しました。もちろん、景色は抜群で、ぼんやりと木陰から眺めていました。

14040036_502727836596420_2695020119

その後SAの売店へ。結構な人出でした。あと少し行けば徳光ハイウェイオアシスがあるのにと思いながら、物色し、購入を悩んだ挙句、それを持ってレジに並びました。すると、一人の女子中学生が私の前の同じTシャツを着た仲間に声かけて、その後ろに並びました。「まっ、連れなんだろう」と最初は気にも留めなかったのですが、よく考えてみると、割り込みをされたわけでして、それもごく自然に。

その女子中学生のTシャツのバックプリントを見てみると、福井で行われている女子中学バスケットの全国大会の出場校が書かれたものでした。「バスケかなるほど道理で見事だわい」と感心し、それほど気分を害したわけではありませんでした。清算を済ませて車に戻ると、後ろに観光バスが横付けされていました。もちろん、決められたレーンではありませんし、横向けで、バスの入り口から、トイレや売店に行くために最短コースになるようにです。これには、少しイラっとしましたが、車体には○○興業と書かれていましたので、観光バスではないので、あまりかかわらない方が良いと思い、ドアを開けて乗り込もうとしましたが、先ほどの女子中学生と同じTシャツを着た子がお土産を買いこんで、車体横の荷物スペースに入れたのを見たとき、前に回って、プレートを見ることにしました。それには、秋田市立○○中学校と書かれていたのです。秋田は教育レベルが高いと思っていたけれど、その前に教えることがあるだろうと思った次第です。

ということで、さんざん悩んで何を購入したかというと、こちらです。

Img_0322

US2のプルバックカーです。しかも水陸両用です。おい、お前はいったいいくつなのだと言われそうですが…。

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

◆本日定休日

突然で、誠に申し訳ございませんが、

本日、25日(木)はお店をお休みにさせて頂きます。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

◆案の定

昨日はお天気も良くて、しっかりと奉仕作業を。しかし、作業しているよりもわが身を山の上へと持ち上げることが大変で、大汗をかきましたし、息も切れ切れ。下りは下りで、これまた重たいわが身を支持しなければならず、案の定、今日はふくらはぎと太ももに違和感があります。

昨日は、そんな中、無事に開店しましたが、相変わらずの状態でした。しかし、午後一で福井からのお客様が。お買い上げ頂きまして、ありがたいことです。しかし、周りの認知度は相変わらず低くて、これが悩みの種ですが、日々粛々と仕事をしていく以外ありません。

ということで、本日は、早朝より、いつものルーチンワークを。頭に乳酸が溜まっているのか、なかなか手を付けられず、やっと先ほど終えることができました。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

◆明日も…

今日は陽が昇った途端、暑くなりました。午前8時から所要がありまして、地区内を徒歩で回ったのですが、額には汗が噴き出して、タオルを持って出たことが正解でした。明日もこのような気温なのでしょうか…。

というのも、地区内で奉仕作業が8時から行われるのです。当地では、奉仕作業を「人足」というのがポピュラーですが…。今回は三献の茶で歴史的に有名な観音寺の裏山、通称「横山」の遊歩道の草刈りでして。購入してから1回しか替えておらず、チップが飛んでしまっている歯もある、エンジン草刈機の回転歯を替えてやることに。近くの農機具やさんに持ち込んでやってもらいました。

Img_0318

小型ゆえに、歯が特殊でホームセンターには売っておらず、農機具やさんでないとだめです。

Img_0319

これで明日は頑張れるのかな。しかし、日ごろの運動不足ゆえ、自分の体を持て余すことは容易に想像できます。

開店時間の11時には終わりますので、通常営業いたしますから、ぜひお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

◆アッパレ

今朝は、女子レスリングの伊調選手の金メダルに感動。でも、相手のロシアの選手もアッパレでした。逃げ切ればポイントで勝っていたのに、あえてタックルに行ったところにです。あのまま逃げ切っても後味が悪かったのでしょうな。これは勝手な想像ですが…。

さて、前日の続きですが、なぜ、鍵の束を車の中に置いておかなかったのかということですが、一つの要因はこれです。

Img_0306

2息子の車のナンバーの封印が、破られようしています。いわゆるテンプラナンバーにされかかったわけですが、用心深い2息子はボルトを通常の+ではなく、六角レンチタイプのものに変えていたのです。聞けば社用車が盗難にあって、手続きなどで半月ほど使えなかったから、愛車も念のためにボルトを交換していたということでした。それが功を奏したわけですが、都会では片田舎では考えられないことが起こると思い、用心したことがかえってあだになったわけでした。

息子はアッパレでしたが、親父はトホホということです。

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

◆一往復半

13925144_499714770231060_6365742585

スーパーの屋上の駐車場から、久しぶりに都会のビル群の夜景を見て、パチリ。完全に手振れですな。そのあと、実家に戻って荷物を積み込んで自宅へと…。2息子と阪神高速をランデブー。田舎者には都会の高速はちと苦手でありまして、環状線に合流後、東大阪線に乗るために、短距離で4車線を移動するなんぞ、決死の覚悟で臨まなければなりませんが、2息子は慣れているようでスイスイと。まっ、車のハンデがありますが…。そのあと、息子はハザードを点滅させて奈良方面へ、当方は近畿道から第二京阪へと…。ところが、途中からものすごい雨にあいまして、慣れない道路を走るのは少し恐怖感を覚えました。しかし、順調に自宅に到着。

と、ここで事件発生。鍵の束を実家に忘れてきたことが判明。自宅には入れるのですが、お店の鍵がありません。一度は義母に速達で送ってもらうことを考えましたが、本日、1日また定休日にしなければならず、再び大阪に行く決心を。たいていの人は、ここで諦めるのですが、私にしてみれば、1往復半で約450㎞。ここで、体内モノサシが働きます。北陸道、米原起点から、関越道の長岡ジャンクションまでが約420㎞。少し前に行った秋田までの半分です。ということで、もう一度大阪へ…。

再び帰ってきたのは、1時半ごろでした…。チェックを怠ると、時間もガソリンもお金も浪費するというおバカな体験でした。

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

◆定休日のお知らせ

誠に申し訳ございませんが、本日15日と、明日16日はお店の営業を休まさせていただきます。またのご来店を心よりお待ち申し上げております。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

◆8月15日

明日は、8月15日。大東亜戦争が終わった日であり、大東亜戦争に負けた日である。今でも大東亜戦争と言ったり、大東亜戦争と文字に起こせば、周りの人から訝しげに見られる。未だNHKは太平洋戦争と言ったり、第二次世界大戦という。第二次世界大戦は間違いないが、太平洋戦争はGHQから押しつけられたものであり、GHQは大東亜戦争という言葉を遣うのを禁止していた。ということは、いまだに日本は占領下なのだろうか。おそらく、精神的にそうなのだろう。

本日、墓参りに行ってきたが、慰霊碑にもお参りしてきた。その碑文には、「大東亜戦争戦没者慰霊碑」とある。それも戦後建立されたものであり、祖父たちが尽力したという話を聞いている。ちなみに石は四国から取り寄せたとのことである。交通網の発達していない時代にどうして運んだのかは知らないが、大変な労力であったことであっただろう。祖父は息子2人を戦争で亡くしているだけに、その思いは大変強かったのだと思う。

その英霊が71年たっても心休まることはない。未だに悪者のレッテルを張られていて、日本国の首相も参拝できないし、三木元首相が私的参拝を言い出してから、天皇陛下もご参拝されなくなってしまった。合祀されている英霊も隣の2国に言われて、いいようにされている、今の日本を見たら、こんな現代人のために、命を懸けたのかと嘆かれていると私は思っている。

テレビを見てもつまらない。オリンピックのニュースばかり。平和の祭典だが、その裏で行われている、2国の行動についての論議がない。「遺憾の意」は聞き飽きた。小笠原で、サンゴを根こそぎやられ、今度は尖閣周辺で魚を根こそぎ取られている。こんなことをやられないようにするのは、どうしたら良いのかの話が一向に出てこない。なぜ、こんなことをしてくるのかの分析なんぞどうでもよい。沖縄の人たちの中には隣の国の脅威を感じている人が多いと思うが、そんな話はメディアに出てこないし、ヘリパッドの話ばかり。

そんな沖縄だが、知事が北部振興策の予算を従来通りの金額の要請に来ていた。その額3,000億円。オリンピックの予算が3,000億円に膨らむ問題だと言ってメディアは取り上げるが、NHKの新社屋の3,000億円は取り上げないし、ましてや、この北部振興策がどのように使われているかの検証もない。もうどれだけのお金が北部振興策としてつぎ込まれたか、現地に行っていないので知らないが、おそらく進行していないだろうと予想できる。ちなみに3,000億円は滋賀県の1年間の予算であり、沖縄とほぼ同じ人口であり、沖縄は別枠でそれを受け取っているのである。

長くなってしまったが、8月15日、ただ戦争は悲惨だということばかりに目を奪われないで、二度と日本が攻撃されないために、どうすれば良いのかを考えてみてはどうだろうか。安保法案を戦争法案だと言っている政党があるが、その戦争法案でも尖閣に押し寄せてくる漁船軍団を防げていないのが、現実なのだ。是非ともその党や党員は、尖閣に出向いて、持論を展開して追っ払っていただきたいものである。特に沖縄本島にはそういう方たちが多いと思うので期待している。尖閣は沖縄県石垣市なのだから。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

◆たまに食べたくなるもの

よくテレビ番組て、とある県の人たちが「えっ」という食材を食べられているのを目にします。ある程度の演出はあるものの、まさかという食材があります。実は、私も他人から見ればまさかというものが、たまに食べたくなります。それがこちらです。

Img_0316

一見すると、蕗に見えますが、正体はサツマイモの蔓です。幼少期は極貧でしたので、夏になると南瓜の煮物とこれがよく食卓に出ました。南瓜は食べ過ぎたのもありますが、もさっとした食感がダメで、今も出てきて、味も格段に良くなっていますが、進んで食べるということはありません。しかし、サツマイモの蔓は別で、逆に歯触りが良いので、今も食べたくなります。しかし、ここに壁がありまして、カミさんの食文化にはありませんので、自分で煮ることになります。調理は簡単で、アクを抜くために下茹でをし、醤油で味付けるだけで、最後に油を少々垂らすのがポイントだと母から習いました。

また、これは日本酒の肴にもなります。お盆も近いことですし、思い切ってストックしてあった「王紋 純米大吟醸 夢」を開封しました。しかし、思ったよりも酒が進み、1日2合ペースでなくなっていきます・・・。

Img_0315


| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

◆ネイチャーランド

お盆がが近づいてきたせいか、昼間は依然として暑いのですが、朝は意外と涼しくなってきました。そして、1日の時間の流れが音で感じることができます。まず、朝まだ薄暗いときは、これは意外でしたが、ヒグラシのカナカナという鳴き声が聞こえ、少ししてからニイニイゼミのニィーッという声に変わり、昼間はツクツクボウシとアブラゼミの声に変わり、夕方日が落ちると、草むらから虫の声が聞こえてきます。また、窓の外に見えるお米には穂ができ始め、その上をアキアカネが舞っています。しかし、婚姻色の赤とはならず、まだオレンジです。というように、季節は夏から秋に変わろうとしていることが実感できる環境に当店が存在しているのです。

そんなネイチャーランドに不思議なことが起こっています。以前にもお話ししました、小玉西瓜の収穫をし、食した後に、皮の部分を畑に捨て、肥料にならないかと考えていたのですが、翌朝見事に影も形もなくなっているのです。そして、更に不思議なことに、少し腐った部分のあるトマトも畑に捨てておくのですが、こちらは、ずっとそのままで…。

おそらく動物が食べていると考えられるのですが、目下のところ一番有力視しているのが、ハクビシンです。どうやらハクビシンは西瓜が好物らしいのですが、収穫前のものは、防鳥ネットをかけているので、被害にあっていません。目撃したい気持ちはあるのですが、タイミングが難しくて…。

話は変わり、昨日から、鷺草が咲きだしました。確か姫路市の市の花だったと思います。そういえば、近頃、あちら方面に行っていないなぁと・・・。

Imgp5170

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

◆クラゲ水族館

ここ数日暑い日が続いていますね。他所では集中豪雨ばりの雷雨が降っているというニュースを耳にしますが、当地はいつから降っていないのだろうと思い出せないほど雨が降っていません。

ということではありませんが、クラゲ水族館の話でもして涼しさを思い出すことにします。訪れたのは、クラゲだけの展示で起死回生を図り、新設オープンした加茂水族館です。以前テレビで見たこともあって、昨年行こうと試みましたが、時間の関係でパスせざるを得なくなり、今年リベンジしてきました。近くに海水浴場もあり、夏休みも重なって、結構な人出でした。入り口を入るとまず展示されているのは、近くの川や海に住む魚で、そのコーナーを抜けると、クラゲン展示が始まりました。小さな水槽がずらりと並び、その中に様々なクラゲが泳いでいました。

P1000177

スマホで動くものをとるのはつらい…。微妙にシャッターチャンスを逃します。

P1000187_2

このクラゲの名前だけは覚えています。花笠クラゲです。そうです、山形の夏の風物詩、花笠まつりがあるからです。

P1000189

P1000191

写真では分かりづらいですが、発光しているクラゲもおりました。そしてメインはこちらです。水クラゲの水槽。

P1000193

座るスペースもあって、時間が許せばずーっと見ていられる展示です。何を考えるでもなく、ボオーッと…。癒されますね。

アシカショーもありましたが、まっ、どこにでもある感じでした。しかし、お客様とアシカの距離は近かったのが印象的でした。

閉館の危機から脱し、新設された水族館ですが、夏場は確かに涼しいものの、そこは山形、冬はどうなのだろうかと少し心配を。冬には、冬のイベントがあるのだろうかと…。どの商売でも着て頂けるお客様の数が多くないと成り立っていきません。旭山動物園は、ツアーに組み込まれたりしていて、来客数は稼げますが、加茂水族館はそんなそぶりもなく、駐車場も小さいし、まさに地元密着型の水族館でした。

ローカルと言えば、当店も相当なローカルロケーションです。何かヒントがあればと思い出しているのですが、良い知恵が浮かばないまま、時間が過ぎていきます・・・。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

◆定休日のお知らせ

誠に申し訳ございませんが、明日10日はお休みとさせていただきます。サンサンダヤンフェアは継続中ですので、明日以降お越しいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Cci20160802_2




| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

◆ミニポケットバッグ

たまには、商品紹介をしないと、オヤジの戯言のブログになっちゃいますので…。

今回は、背面に仕切りポケットがついたミニバッグです。ちょっとのお出かけやお弁当入れにちょうど良いサイズです。

サイズは200×230×105mm

綿100%のラミネート加工で、日本製です。柄は2タイプ。

Img_0281

スペイン

Img_0285

ヘクタープロテクター

お待ちしていますので、ぜひお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

◆時の流れ

夕陽とかした 海に染められて

子ども二人が 家路を駈けて行く

かえらぬ昔の 夢をみるような

おれの小樽は 港町・・・

P1000195

写真は湯野浜ですが、歌詞は石原裕次郎さんが歌った「俺の小樽」です。裕次郎さんの中で一番好きな歌です。世代は違うのになぜ石原裕次郎さんが好きだったのか…、色々あるのですが・・・。

一時期、仕事も絡めてよく小樽に行きました。勿論、ファミリーで行ったこともあります。一番のおススメは夕日ではなく、石狩湾から昇る朝日です。2番目は天狗山から見る小樽市内。3番目は運河から水族館まで行く渡し船ですかね。

今朝、朝刊の片隅に裕次郎記念館が来年の夏で閉館と載っていました。時の流れを感じるとともに、なぜか心が少し寂しい…。

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

◆生石 大松屋 蕎麦

たまには昔を思い出して蕎麦ネタでも書きましょうか。

旅の途中で立ち寄ったお蕎麦屋さんは、生石の大松屋さん。

P1000164

なかなか趣のある門構えです。中に入ると庭があり、建物がもいくつかあって、その中の古民家へ。中はこんな感じです。

P1000168

囲炉裏のあるテーブルに座り、鴨蕎麦を注文してしばし待つことに。その間、セルフで自家栽培のトマトときゅうりを味噌をつけて頂く。隣には、地元のおバアさんの二人連れ。70歳前後だと思いますが、ひょっとしたら、もっと若いかも。会話はもちろん、病院、身体ネタ。ネイティブの会話はサッパリ分かりませんでしたが、何となく温かい雰囲気。訛りっていいなぁ…。十数年前なら、この地方に足しげく通っていたので、分かったかもと思い出しながら、蕎麦を待っていました。

来ました。つけダレは鍋に入って出てきました。

P1000169


そして、蕎麦は…。

P1000170

このスタイルで、何県の蕎麦かわかりますよね。

味はもちろん、雰囲気も美味しゅうございました。

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

◆40thサンサンダヤンフェアのお知らせ

3日間お休みをいただいて、帰ってきたら、もう8月が始まりました。そして、7月60日の土曜日から、わちふぃーるど40周年・ダヤン生誕33年記念イベント、「40thサンサンダヤンフェア」が始まっています。

内容はイベント期間中、2,160円(税込)以上お買上げの方にクリアファイルと抽選応募券を各1枚プレゼント!!
ただし、景品及び抽選券は無くなり次第終了とさせていただきます。

そして、更に抽選で総計100名様に40th記念グッズが当たります。
●池田あきこ加彩AP銅版画×1名様
●革製カードケース×33名様
●革製キーホルダー×33名様
●革製しおり×33名様

銅版画は、世界で一枚の加彩版画!
革製品は1/33のシリアルナンバー入り!です。

※当選番号につきましては、店頭ポスターまたはわちふぃーるどホームページにて発表いたします(9月予定)
※景品は応募された店舗にて半券と引き換えにお受け取りください(半券の紛失にはお気をつけください)

40thevpop

景品がなくなる前に、ぜひ当店までお越しいただいて、お買い上げ頂けると幸いです。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »