« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

◆甕雫

今日で4月も終わりですね。最近特に月日が流れるのが早く感じられます。

少し前に、九州から芋焼酎「甕雫」が送られてきました。名前の通り、甕に入っており、柄杓で汲み出します。

P1000070

芋は黄金千貫ではなく、宮崎の紅寿というものです。度数は20度で、芋の匂いは控えめで、マイルドです。ロックでいただいております。残った甕はどうしようかと、今から悩んでおります。

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

◆蘇洞門めぐり

急に潮風に吹かれてみたくなると、日本海へと足を延ばします。個人的には若狭湾が、地理的にも近いので、よく行きます。青戸クルーズも料金的に安いので良いのですが、やはり、湾外へも出てみたい。そんな時のお勧めは蘇洞門めぐりです。

先ずは、小浜フィッシャーマンズワーフに電話をかけて、運行状況を聞きます。風があると欠航があるからです。また、大門、小門の入江?に入ることが出来ませんので。そして、チケット売り場でHPの割引券をクリックしてプリントアウトしたものを見せるか、そのページをスマホで見せると、1割引きになり1800円で、50分間のクルージングが楽しめます。

出航までに少し時間がありましたので、岸壁を見ていると、ファミリーが何やら作業をしています。好奇心オヤジは、そういうのを見かけると、話しかけずにはおられません。アジでも釣られているのかと思ったら、違いました。Dscn1357

ワカメを採られていたのでした。覗き込むと確かに。おまけに牡蠣も自生しておりました。しかし、採られていた方にお聞きすると、この牡蠣が邪魔で、根っこの部分がなかなか取れないということでした。道具は、釣竿を加工して先にのこぎり鎌をつけた物とタモです。

出航が近づくと、老人会の団体さんとご一緒になることに。乗船し客室に入らず、2階の立ち席へと。ところが、老人会の方たちも数名上がってこられました。内心少し心配を。停船時は天気が良く風もありませんでしたが、走り出せばもろに風が当たり、寒いからです。これは経験値がないと分かりません。忠告したいところですが、余計なお節介ですので、様子を見ることに。

想像通り、船が走り出すと、結構な風が。15分位経ってたまらず老婦人が下に降りようとされました。しかし、船は揺れておりますし、階段は急です。見かねて、手を取って手すりへと誘導し、階段もあとから付いて降りて万が一に備え、無事に客室へと誘導することが出来ました。その後、すぐに2階に戻って景色を楽しみました。

Dscn1360_2

そして、メインと大門(おおもん)小門(こもん)のある入り江へ。

Dscn1361

Dscn1363
Dscn1364

10分ほど散策が出来ます。と言ってもスペースがありませんので、撮影タイムです。

帰りは、全速力で帰りますので、下にいることに。

Dscn1366

Dscn1367

やっぱり海は良いなぁ。





| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

◆仕舞い

ここのところお天気が続きますね。4月前半の雨続きはいったい何なのだろうと思うほど…。ということで、少しずつ冬物の仕舞をしています。本日は毛布を1枚水洗いをしました。

また、2日前にダウンジャケットの水洗いも挑戦しました。このダウンはネガティブな思い出があります。おととしの年末のバーゲンで2割引き?ぐらいで買ったものですが、それから3日ほど経って山形のイオンに同じものがあり、さらに割引をしていたので、損した気分になった代物です。昨年は着倒しまして、袖口やポケット周りがとても汚れてしまいました。そこで春にクリーニングに出そうと思ったのですが、安物にクリーニング代をかけるか、かけまいかで悩んだ挙句の放置。今シーズンは1回も来ませんでした。

根っからの勿体無い病で捨てるに捨てられず、思い切って手洗いでごゴシゴシやることに。洗面所でぬるま湯をかけながら、液体洗剤の原液を垂らして、タワシでゴシゴシと…。汚れは落ちましたが、水にぬれてペラペラに。洗面台に押し付けて汚れた水が出なくなるまですすぎをしました。その時に明らかに汚れとは違う黄色っぽい水が流れ出ました。ひょっとして、もともとダウン自体が汚れていたのかもと。コスト削減は当たり前ですからね。

その後、洗濯機に入れて通常の洗濯を。脱水が終わってから、風通しの良い屋外で干し、その後室内で丸1日部屋干しをしました。完全に乾いたところで、生地の裏表を持って、パンパンと引っ張って、中のダウンの再生を…。

出来上がりは思いのほか良かったですね。汚れも綺麗に落ちましたし…。

Dscn1374

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

◆オーバーヒート

花は人に見られるためか、全く世話をしていないのに人知れず咲いております。今年も気がつけばオダマキが咲いていました。

Dscn1372

Dscn1373

うつむき加減なその姿に共感を覚えます。

さて、今日は頭脳労働を。2時に起きて入浴し、事務所に向かいメールチェックをします。しかし、3店舗が送られてきておりません。仕方なく別の1店舗だけコメントを。それが済んでHP用の原稿を書いてアップしたのが5時30分。自宅に戻って朝食とテレビウオッチを。8時に事務所に戻って、雑務をし、9時にコメントを封筒に入れて投函。戻って10時から、お葬式に参列。途中でクライアントさんから電話があって、メールエラーが出るから圧縮して送るとのこと。午後からそれらのコメントを。そして、メールを送ろうと思ったところ、これまた当方にエラー表示が。これの対応に右往左往。先ほどようやく仕事が終了。完全の脳みそがオーバーヒートしております。

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

◆じゃが芋と里芋の植え付け

昨日の夕餉時、2息子が深夜に帰宅するということを聞きました。少し時間がありましたので、テレビを見ながらウトウト。そのあと爆睡で12時に目が覚めました。しかし、携帯には連絡がありません。所作がなく、事務所に行くことに。1時30分頃でしょうか、外でバイクの音が。2息子帰還であります。

Dscn1369

とりあえずバイクを店内に入れて、近況報告を4時頃まで受けました。2息子は本日、福井と滋賀県の西側の道の駅を回るということでしたので、自宅に戻って入浴を。2息子はそのあと眠りましたが、私は9時から用事がありましたので、そのまま起きていることに。

9時からは戦没者追悼法要に出席しました。伯父が二人戦死していますので、シッカリと感謝の念を伝えてきました。

P1000065

30分位で終わったでしょうか、そのあと自宅に戻って、かねてからの家庭菜園の宿題を。まずは、もう遅いかもしれませんが、エンドウの棚つくりを。竹藪から竹を切り出して作りました。試行錯誤ですので、思ったよりも時間がかかり、午前中はこの作業で終了。

P1000068

だいぶ大きくなってから植え替えたので、元気がありません。ひょっとする徒労に終わるかもしれませんね。あとは自然の力を信じるのみです。

昼食後は、1時間ほどお昼寝を。少し涼しくなってから、じゃがいもと里芋の植え付けを。先ずは、ポチで畝を切って…。そこに種芋を置いて、あとから土をかけます。

P1000066

こちらはじゃが芋。種芋を半分に切って、切り口に灰をまぶして、このあとの土掛と除草作業を考えて、間隔をとって置いていきます。

P1000067

こちらは里芋。当地では田芋と言って、水がお好きですので、お隣の田んぼに近い方に芽を上に向けて置いていきます。そのあと土掛を。

これが終わって休憩をして、今度はセルフ精米所へ。米糠を頂きに。まだ、筍が出そうですので。余れば糠床に再チャレンジしてみようかと考えております。

Dscn1370

こうして長い1日は過ぎていくようです。


| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

◆葉桜見物

久しぶりにお天気が続くということでしたので、ブラブラすることにしました。しかし、相変わらずの懐状態ですので、外食をせずに弁当持参で。

Dscn1339

鮭おにぎりは自分で作りましたが、おかずの方はカミさんに作ってもらって。しかし、クルマに乗り込んで出発したものの、行くあてもなく、とりあえず海を見に行くかということで、日本海を目指しました。マキノあたりに近づいた時、ふと、海津大崎はどうなっているだろうかと思いつきまして、そちらに進路をとりました。想像していた通り、人はまばらでしたので、ここで食べることにしました。となると、場所探しです。ちょうど車1台分止められる場所を発見して、迷わずそこへ。

Dscn1356


Dscn1355

あまりの景色の良さ、気候の良さに背伸びをして、ふと下を見ると遊歩道があるのを発見し、降りてみることに。

Dscn1354

すると、まるでベンチが置いてあるような切り株を発見しまして、ここをランチ場所に決定しました。

Dscn1351_2

この場所から見られた景色はこんな感じて、前には水鳥が泳いでいました。

Dscn1350

Dscn1352

そして、足元では、岩に当たるさざ波のボコッ、ボコッという音だけが聞こえておりまして、正に独り占め状態でした。

Dscn1353

静かでしたねぇ。時折上の道路を走る車やバイクの音が聞こえてはいましたが。こうして、自然のエネルギーを頂戴することが出来ることは、ありがたいことです。

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

◆今日もまた

8時ごろから、筍掘りです。こんな感じて出ています。

Dscn1340

これをスコップで掘り出すと…。

Dscn1345

これぐらいの長さが出てきます。耕した柔らかいところばかりなら、作業も楽なのですが、そうは問屋が卸しません。

Dscn1343

Dscn1342

色々ロケーションが違いますので、大変です。本日の収穫は7本です。

Dscn1346

外に作ってあるバアサン専用の洗い場で土を落とし、形を整えます。自家用はこんな風に事前に頭の1/3ぐらいを切り落として、更に先だけ縦に切れ目を入れて・・・。

Dscn1347

田舎は法事用に大きな鍋がありますので、こういう時は便利です。

Dscn1348

米糠を入れて、筍が浮かないように皿で重石をして、30分位煮て、再び外の洗い場に持っていき、外皮をむいて出来上がりとなります。

あとはカミさんの出番となるわけです。



| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

◆再利用

いつの間にかすでに火曜日、昨日の事も書けないままに、1日が終わろうとしております。仕事よりもプライベートの方が忙しくて…。

日曜日の夜に、地区のある委員会の会合がありまして、そのあと酒席が設けられ、終わったのが午後10時。冷たい風の夜道をてくてくと歩いて帰り、とりあえず仕事にならないので寝ることに。それから2時に目覚め湯に入り、事務所へ。デスクワークに取り掛かります。その後朝食をとり、気になっていた作業をすることに。それも雨の中。日曜日にチェックしていた時は4本でしたが、雨後の竹の子の言葉通り、見落としていたものもありまして、10本ぐらいスコップで掘ることに。1時間ぐらい汗をかきながらやっつけまして。

そのあと、水洗いをして、形を整えて、ひとまとめに。

その後再びデスクワークを。そして、休憩を兼ねて、筍の梱包作業を。

それから昼食をとって、再びデスクワーク。それが終わり、運送屋さんが来てから、知人宅へ筍を配達。その帰りにお酒のディスカウントスーパーによって品定め。日本酒のブースに行くと新聞紙でラッピングされて、その上にラベルが貼られているものを発見。斬新だなとは思いましたが、味が分からず、さんざん悩んでパス。その後冷蔵庫の方に行くと300mlバージョンがありましたので、懐事情にも良いとのことで購入。

Dscn1338

これは英字新聞ですが、1升瓶は日本のものが…。再利用、斬新な感じがします。味は今晩あたり、味わいましょうか。

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

◆洋風筍料理

昨日も書きましたが、4月に入ってから雨の日が多くて、いつもよりも筍の出るのが早いようです。ということで、筍が食卓に上がるわけですが、掘って米糠でゆがいて灰汁抜きをして、外の皮をむくまでの工程が私の仕事で、その後の料理はカミさんの担当となります。

定番の若竹煮、天ぷら、筍ご飯など和風のものを一通り頂きましたが、1人でそれほど食べられるわけではありませんし、バリエーションもある程度決まっていますので、毎回食卓にあげようと思うと、工夫が必要になります。

そこで、昨晩、新たなバージョンが登場しました。それも洋風です。灰汁抜きをした筍をバターソテーしまして、焼き色を付けます。仕上げに焼肉のたれを入れて筍に絡ませます。それをアルミホイルに移して、その上にチーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで、加熱すれば出来上がりです。

Dscn1336
一度お試しあれ。

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

◆晴耕

今日は朝は冷え込みましたが、暖かいお天気。4月に入って雨が多くて、宿題がなかなか捗りません。まず、風が起こらないうちに、畑に消石灰を撒きました。そして、雨のお蔭で、気が付かない間に、畑に筍が出ていまして、それを掘ることに。そのあと、今年初めて草刈り機を始動させまして、芝草の雑草を刈りました。それから、畑を耕しまして、午前中は終了。

午後は、それの影響で、ぼおーっとしておりました。しかし、日ごろの運動不足がたたって、腰は痛いし、上腕二頭筋も痛いです。午後は、購入以来、記憶にないほどワックスがけをしていないファンカのメンテをしようと思いましたが、断念。洗車機のワックスで済ませていたために、一度徹底的に綺麗にしないといけません。そこでプロにお願いすることにしました。この頃、セルフばかりであまり行っていない、丸金石油さんに無理をお願いして、磨いてもらいました。夕方帰ってきたファンカは見違えるほど美人になっておりました。

Dscn1335

まだ、しなければいけないことは、時期おくれですが、ミニ盆栽の土の入れ替えと、エンドウ豆の棚作り。さて、明日はできるでしょうか。

| | コメント (0)

2015年4月17日 (金)

◆関係者って、誰?

広島空港で起きたアシアナ空港の事故、どうしても天候のせいや飛行場のせいにしたいメディアが多いように感じます。ダウンバーストはともかく、霧で視界が悪ければ、着陸をやり直すか、近くの空港に着陸すれば良いだけだと思うのです。明らかに機長の判断ミスだと思うのですが…。

普通の感覚で考えてみて下さい。車に乗っていて、突然視界が悪くなった場合は、スピードを緩めるか、車を止めるでしょう。飛行機は車と違い上下方向の動きが可能なわけですから、上昇すれば良いだけだと思うのですが…。

山の中にある空港は広島だけではありません。青森空港も山の中にあります。今から十数年前に青森に仕事に行った帰り、青森空港は吹雪でした。大阪からの到着便は、2度ほどのやり直しで、着陸しました。その時窓の外では、ゴォーッという飛行機が再度フルスロットルをしているらしき音が響いていました。そのおかげで伊丹空港に帰る方たちは搭乗していきました。

ところが、私が乗る小牧空港からの便は降りることが出来ずに、三沢に向かってしまいました。おかげて、新たに宿を探さなくてはならない羽目になってしまったのでした。青森空港の冬の様子は、こんな感じでした。

Aomoriapinsnow

話を元に戻して、最近何かと話題のNHKさんがニュースで伝えていた内容は、「午後8時の時点で1,800m以上あった視界が、8時5分ごろは500mから300mに急激に低下していたことが、関係者への取材で分かりました」というものでした。普通の方がこれを聞いて、関係者と言われて想像するのは空港関係者になりますね。果たしてそうなのでしょうか。そんな中、別の映像をネットで見つけました。これには午後8時6分ごろの広島空港の情報カメラの映像が映っていました。私の目には視界はクリアに見えるのですが…。

https://www.youtube.com/watch?v=rzv1QcTSR3Y

3:00ごろです。

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

◆念仏主義

「平和」、「平和」と念仏のように唱えていれば、平和がやってくる、平和が続くと思っていることを「念仏平和主義」と言うそうな。その最たるものが、どこの街にもある「平和宣言都市」という看板です。それと似たようなことが、原発問題でも言えると思います。「脱原発」、「卒原発」などと言っていたら、原発がなくなると思っているのでしょうか。我が町でも新しく新人の県会議員が当選しました。チーム滋賀で戦っていましたが、現知事と同じく民主党。この方も「脱原発」を唱えていました。しかし、これでは思考停止。

原発問題を論じる前に、電力料金の算定方法を、まず変えるべきでしょう。現行の計算方法は、コスト×(1+利益率)という原価積み上げ方式によるものです。コストが高くなれば、当然それは電気料金に反映されます。しかし、それだけではありません、原価が高ければ高いほど利益高は多くなるのです。ですから、コスト削減などという発想は電力会社には生まれません。まず、ここを改革すべきですが、経営者も労組も当然政治家には献金しているでしょう。ということで、どの政治家もここに踏み込むことはなかなかできないと推測するのですが。

そして、原発のコストです。稼働せずにそこにあるだけで固定資産税が発生し、それが設置自治体の主な税収となっています。ここにどれだけメスが入れられるか。そして、廃炉にするにもその費用負担をどこにするか決められていません。仮に電力会社が負担するとなれば、当然それは電気料金に反映されますし、国が負担するとなれば、それは当然税金です。どちらも国民が負担することには変わりがないのです。さらに再生可能エネルギーの料金負担もあります。

ということで、まず電気料金の算定方法の改革が先で、それから、原発を稼働した方が廃炉コストが下がるのか、稼働させない方が廃炉コストが下がるのかを議論すべきだと思います。

また、私は基本的には再稼働賛成ですが、現時点では反対です。その理由は地震云々ということではありません。避難経路や避難方法が確定されておらず、スピーディーも設置されていないからです。更に免震重要搭も設置されていないからです。つまり、起こった場合のシミュレーションが何もされていないからです。これでは福島第一の事故が起こった前の安全神話に基づいてすべての事が行われていたことと何ら変わっていないからです。最悪の場合の備えが出来ていて初めて再稼働させるべきです。あと、もんじゅも反対ですね。核保有国のご機嫌をうかがうために作った核の再利用などしなくて、全国を公平に調査をして最終処分地を決めて保管しておけば良いと思うのです。

火力は安全だと思われている方が多いと思いますが、細かな配管が張り巡らされていることは原発と同様です。そこを高圧蒸気が流れています。それでタービンを回すのは原発、水力も一緒です。現在は老朽化している火力発電所を稼働させていると聞きます。東京電力が黒字になっているのは、火力発電所の点検をしていないからという説もあります。ということで、配管が破損する可能性は高いわけで、それで作業員に死傷者が出れば、人命に関しては福島原発事故以上になると思います。

念仏主義を捨てて、賛成・反対両者とも具体的な論争をしていただきたいと思うのですが…。

| | コメント (0)

2015年4月12日 (日)

◆パタパタと

4月に入って早10日が過ぎました。年度が替わると、何かにつけて忙しくなります。今日は人足と呼ばれる区民総出の奉仕作業が、朝からありました。私が配置されたところは、川掃除。掃除と言っても土砂などを土手に放り上げる力仕事です。おまけに日ごろの運動不足を解消するために歩いて集合場所まで行ったものですから、結構疲れまして。それが終わると、今度はお寺の経常費を集めるための前準備として、配りものを。これが18戸。これで、午前中は終了。

昼食後は、前から、カミさんにそれとはなしに催促されていた桜見物へ。先ずは徳源院さんの枝垂桜を。

P1000057

P1000058

P1000060

大きな枝垂桜が2本ありますが、既に見頃は過ぎていまして。しかし、20名の見物客が来られていました。中にはお弁当持参の方も…。ここを見終えてから、醒ヶ井の養鱒場へ。ここも結構な人出がありましたが、桜の旬は過ぎており、シャチ夕から見るだけでUターン。最後は自宅近くのきゃんせの森へ。ここの枝垂桜は見頃でして、かなりの方が来られていました。当然お花見されている方も多く、中には顔見知りの方もおられました。風もなく、お天道様が照っておりましたので、良かったと思います。

P1000061


P1000062




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

◆120円

相変わらずの花冷えでございます。そのおかげで、当地はまだ桜が満開です。

Dscn1330_2

Dscn1331

4月1日から値段が上がる食品が紹介されて、物価は上がるけど、給料は上がらず、生活が苦しいと、メディアは何だかんだと騒いで、アンチ安倍で庶民を扇動しております。確かに、給料が上がらないと消費に結びつかず、景気が良くなりません。しかし、暴走するとか失敗だとか言われておりますアベノミクス、いつの間にか日経平均株価は2万円の大台を突破してしまいました。扇動されていない、株式に投資した方は、きっと儲けておられるのでしょうね。株が上がったところで、国民の生活には関係ないという野党がいますが、銀行に貯金しておられる方は多いと思います。今すぐ生活に必要のないお金こそ、株に投資すれば良いのです。その方はリスクが少ない預金投資をしておられるだけで、逆にリスクを承知で株式投資をしておられる方は、利息よりも儲けているということにすぎません。要は、機械は平等なのに、チャレンジしていないだけで、結果の不平等は資本主義社会では常識だと思います。

そんな中、久しぶりに面白いものを道の駅で発見。その値段は120円。コンビニおにぎりと同じ金額。

Dscn1333

フィリピン産のミニバナナ。結構甘くておいしい。段ボール箱の中に3個しか残っていなかったのが良く分かります。世の中には、探せば、物価の優良児と言われるものがありますね。

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

◆強く

Dscn1325
北の方では皆既月食が見られた昨夜、夜来から風雨が強くて、せっかく盛りを迎えた桜も散るだろうと思っていましたが、なかなかどうして、強く頑張っておりました。事務所の窓から見える高校の桜も、ただいま真っ盛りです。この桜のように、自分の意志で散るまでは、風を受けてもしっかりと花をつけていたいですね。

また、手前の田んぼにはすでに畔塗りが終わって、準備は着々と済んでいきます。粛々と仕事をされる農家の方には頭が下がりますね。

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

◆何もせず…。

10時から眼科へ。年1回の眼底検査でした。結果は異状なしで、視力も1.5と1.2とこれまた正常でした。しかし、検査前に瞳を開かせる目薬を射すために、診察が終わってもしばらくは元に戻りません。室内に居るとそうでもないのですが、外に出ると眩しくて目が開けられません。当然、強面のサングラス登場となります。ということで、今日は目を使う仕事は何もできず、休養日となりました。

夕方、薄暗くなりましたので、三島池に桜の開花状態を見に行きました。満開でしたね。

P1000043_2

池の東側の桜のトンネルです。お天気が良ければいうことないでしょうね。ここに至る途中に昭和天皇と皇后が来られた施設があったのですが、いつの間にか更地になっており、桜の苗木が植えられていました。今を遡ること40年ほど前、当時青年団長だった私は、間近にお目にかかることが出来、光栄に思ったことが、ついこの間のようです。恩賜の菊の御紋の入った煙草を1箱頂きました。過ぎ去りし昭和・・・・、何となく物寂しい気持ちです。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

◆抽斗

昨日1日遅れで、2息子からお祝いが届きました。

Dscn1323
写真では分かりづらいですが、見事な赤色のパッケージです。幻というブランドだそうで、皇室で3年間新年の行事に使用されたとか、リンゴ酵母だとか説明書が入っておりました。粟粒の大きさまで精米しているので、低温保存もできるそうです。1年ぐらい寝かせてみようかとも考えております。

さて、その2息子が大泉洋さんを評して言った言葉が、今でも記憶に残っています。それは「あの人は抽斗が多いんだ。それをうまく藤村さんが引き出しているから、面白いんだ」と。

今、NHKの朝ドラで、私と同じようにダメおやじを演じている大泉さん、初めてのテレビ出演は二代目元気くんです。その後、伝説の深夜番組「水曜どうでしょう」でブレークしました。水曜どうでしょうは、水曜ロードショーをパロったタイトルです。タレント2人とディレクター2人の台本のないロケ番組でした。もう1人のタレントは所属事務所の当時社長(現会長)だった鈴井さんでした。北海道のローカル局の番組ということで、ある意味[枠]が緩かったのが面白さの素だったと思います。大体ディレクターが声で常時出てくるということは、当時ありえませんでしたし、顔出しもしていました。

一番顕著にそれが現れたのはアラスカの川をカヌーで下るというロケでした。現地のコーディネーターさんが、「カメラ回っていますけど、私映っていいんですか」「ディレクターさん、俳優さんか何かですか」と驚かれていましたから。

話を戻して、水曜どうでしょうの最初の頃は鈴井さんが大泉さんをリードして進行していくというもので、まだまだ素人に毛の生えたようなものでした。しかし、次第に藤村Dが大泉さんの面白さを引き出そうとして、色々と絡むことが多くなり、それを見ていた鈴井さんが、こちらの方が面白いことに気づいて、出張ることが少なくなってきたのです。ラストのベトナム縦断カブの旅で、鈴井さんがレシーバーを落として、ただ、ただ、後姿だけでも面白かったぐらいです。そして、鈴井さんとD2人は同世代で、大泉さんは一回りぐらい離れているのでしょうか。でも、このD2人が偉いのは、大泉さんを自由にしたことです。年下のタレントに「お前」とか「おい、藤村君」と言われても面白さを優先して、好き勝手にさせていたことです。

今の大泉さんがあるのは、水曜どうでしょうの藤村Dと所属事務所の現社長の鈴井亜由美さんがいたからでしょう。この女性もなかなかの女傑でありますよ。

長くなるので、これくらいで…。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

◆赤

昨日は、60回目の誕生日。世間で言われるところの還暦です。いよいよ爺様と呼ばれるのにふさわしい年になりましたという感じですかね。いつまでも若いつもりでいるのですが、なかなかそうは問屋が卸さないということでしょうか。こうなったら、いつも元気に杖を振り回す吉本新喜劇のシゲゾウじいさん目指していきますわ。

昨晩は、カミさんと1息子が祝ってくれまして。いつもならば誕生日のお祝いはキャンセルするのですが、節目ということで素直にお受けすることに。

P1000040

いつもよりも少し豪華な夕餉の後にケーキ登場でした。カミさんと1息子からは、オヤジの好みは難しいので何を選んでよいかわからないということで、金一封を。その他にも別の方々からお祝いの品が届きました。純米大吟醸の1升瓶や赤グッズが…。

Dscn1320

元気で生きておれば、良いことがあるということですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »