« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

◆ちと嬉し

昨日、明日行なわれる伯母の3回忌法要のお供えを買いにつちやさんの工場直営店まで行きました。すると何やら表に紅白の垂れ幕が掛けてあります。よーく見ると、夏の感謝祭 全品15%割引とあります。おまけに期間は6月28日から7月1日までの4日間。ちょうど初日に当たりました。

Dscn0379

10%でもなく、20%でもなく。微妙な割引ですね。商売上手と思った次第で・・・。ついでに苺ショートを3ヶ購入してしまいました。人の心理って、面白いものです。何か相手の思惑に乗ったみたいで、ちと悔しい。しかし、嬉しい。こんなところで、運は使いたくないのですが・・・。

| | コメント (2)

2013年6月27日 (木)

◆業平園本店

箱館そばがしっくりしなかったものですから、帰り道はマキノ方面へ。お腹はいっぱいでしたが、蕎麦屋さんがあったらハシゴをしてみようかと・・・。天井川の下のトンネルを通って、マキノピックランドへ。

Dscn0376

緑のメタセコイヤ並木も良いですな。車の窓をフルオープンにして走ると、マイナスイオンバリバリです。暫くすると、「業平そば 5km」と消えそうな文字の看板を発見。やっているのだろうかと一抹の不安はありましたが、知らない道を走るのも楽しいし、ということでいくことに。

Dscn0377

えらく大きな番号の県道です。在原集落が見えて参りました。生まれて始めていくところ、山村です。こんなところにあるのかと?がつきましたが、看板発見。しかし、矢印の指す方向を見ると、掘っ立て小屋(失礼)のような建物が。しかし、建物にも「業平そば」の看板があり、人がおられました。「営業しておられますか」とお聞きしたら、しているとのこと。

中のご主人は、ちと強面の風貌。しかし、愛想は良かったです。メニューは壁に写真と価格が貼ってあります。ざる蕎麦を食べようと思ったのですが、かけそばを。蕎麦はおばさんが作られています。蕎麦が出てくるまで、改めて店内を見回すと、テーブルは自然石、床は玉じゃり。入口正面には、ドラム缶を加工したストーブが鎮座して、山小屋の雰囲気です。そして、ご主人がイノシシをしとめた写真が掲示してありまして・・・。つまり、ハンターだったわけです。

Dscn0378

麺は不揃いですから、完全に手打ちだということが分かります。麺も長くありませんので、「10割ですか」とお聞きしたところ、「そうです」とのお答えが。パンフレットがありましたので、それを見ると自然薯をつなぎにつかった蕎麦粉100%だそうで、出汁は香り豊かな高原椎茸を使用しているとのこと。お値段は600円。お値打ちです。そば湯はヤカンで出てきました。

何より興味をそそったのが、猪肉の瓦焼きと鹿肉のステーキ。持ち帰りの猪肉もありました。もちろんボタン鍋も。但し、鍋は野菜を用意しないといけないので、事前に確認して下さいとのことでした。次回はざる蕎麦と瓦焼きにチャレンジしようと思った次第で。

それと先客が2人おられました。岐阜ナンバーでした。

一言。ワイルドだぜぇ~!

Cci20130627_0000

| | コメント (0)

◆レストランひだまり

今日は五月晴れと言えないまでも、久々にお天道様が。ずっと籠もりきりでしたので、久々流離いへ。蕎麦屋さんを捜してのドライブです。随分と昔に箱館蕎麦を食べたのを思い出して、湖西へと・・・。

スマホで検索して出てきたのが、鴫野という蕎麦屋さん。しかし、現着したものの、近くの今津総合公園内の文化交流センターゆめのに移転しましたという張り紙が。

で、そこに行くことに。入口には「箱館そば」の看板が立っておりまして、とにかく行ってみたのですが、敷地内の場所が分かりません。仕方なく、案内所でお聞きして・・・。

一番奥の建物でした。しかし、そば処「ゆめの」とインプットしているために、レストランひだまりのメニュー看板が立っていましたが、イマイチしっくりと来ず・・・。おまけに営業している雰囲気がありません。とにかく行ってみることに。

入ってみたら、ビンゴでした。券売機で食券を買って、お茶やおしぼりはセルフです。ざる蕎麦の大盛りをチョイス。大盛りは+100円。つまり、900円でした。お客様は11時半だというのに1人。食堂は広い・・・。

Dscn0375

期待が大きかったのかもしれませんが、あまり、蕎麦の味がせず・・・。大盛りをチョイスしたのは失敗かと・・・。但し、コシはありました。ここは蕎麦打ちも体験できるようで、そちらは、たぶん美味しいでしょうね。そば湯もなく、何だか拍子抜けでした。

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

◆遠きにありて思ふもの・・・。

Manyou

伊東万耀作 0号。随分前にネットで購入した小品です。画から感じた迫力で、迷わずに落札してしまいました。他に競り合う相手もいませんでした・・・。

さて、富士山が世界文化遺産に選ばれたそうで、まずはおめでとうございます。おまけに三保の松原も含まれたそうで、さっそくフィーバーしている様子。富士山が好きなオッサンとしては、何だか複雑な気持ちです。マナーの悪い外国からの観光客が増えるのではと憂鬱です。聖地を荒らされそうな気がして・・・。新屋山神社の鳥居に石でも乗っけられたらたまりません。

知事も地元の方も喜ばれているみたいですが、?マークがつきますね。商店街の活性化に結びつけようとの思惑もあるみたいですが、先ず、無理でしょう。商店が活性化しないのは、別の理由があるからです。普通、シャッターを下ろしているぐらいなら、貸し出して家賃収入をと考えるのですが、たいていこの家賃がお高い。何故なら、後継者はどこかに働きに行っているので、一応安定した収入はあるわけで、わざわざ面倒な余所者に貸す必要はないということです。多くの町のシャッター通りの現状でしょう。

中には湯布院のように街全体が協力し合い、上手くブランド化に成功したところもありますが、そんなところは希です。世界遺産に含まれたからと言って、観光客がお金を落とすとは限りません。

国内の観光旅行だって、同じです。日本人は外国に出て行って、さびれたから外国の観光客を呼び込もうとするのは、少し違う気がします。今は国内旅行の方が価格は高いのです。そのお金に見合うサービスが提供できれば、必然的にリピーターは増えると思うのです。私のように、富士山は好きだけど、また違うところを探さなくてはと思われている方もおられるのではと思います。

ですから、入山料を取れば良いと思います。試験的に1000円と言わず、8,000円ぐらい取ればどうですかね。これならば富士登山をする方も減りますし、美観的な諸問題もクリアできますし、何より価値が上がる、ブランドになるのではと思います。

| | コメント (2)

2013年6月20日 (木)

◆そんなところを通られては その2

昨日と今日、今までの空梅雨を挽回しそうな勢いの雨。被害が出なければと思っています。話は変わりまして「こころ旅」、ブログに書きましてから検索が多くなりまして・・・。たぶん、現在地を知ろうとしておられる方が多いのだと思います。しかし、ハッキリと申しまして無理です。理由は、現地の人も知らないルートを通られるからです。

今週から岐阜県、そして火曜日は「養老公園」でした。スタートは滋賀県です。

Dscn0365

昨日は雨でしたが、後ろに伊吹山が見えます。紅白の鉄塔が見えましたので、ここだとすぐ分かりました。後ろを通っていく白い大型トラックも知っております。中山道を通るルートです。

Dscn0368

ここが県境。ここで正平さんは猫に気を取られていましたが、その猫にも昨日偶然遭遇しました。たぶん野良でしょう。この場所も分かりませんでしたが、後ろに映っていた紅い屋根は見覚えがありましたので、簡単に発見。そこからずーっと中山道を行きましたが、国道21号線だときつい峠になります。しかし、山の中の下り坂の映像でしたので、そこではないはず。ナビを見るともう1本関ヶ原に出る道がありました。県道229号線です。とりあえずそこを行くことに。途中今須宿がありましたので、中山道です。しかし、こんな道は通ったことがありません。

対向した車は3台ほどで、下り坂でしたので、たぶんこのルート。そして、国道306号線に出会いましたので、間違いありません。国道へ出ずに田圃の中の道を行かれたのだと思います。麦の中を行かれる引きの画のある場所も見覚えがあります。ラーメン「けん」へ行く時に眺める風景です。

そして、映像では、「スキヤキ弁当」を食べられていましたが、正平さんが「ここしか食べるところがない」みたいな事を言っておられました。ラーメン「けん」の定休日は月曜日でしたから、たぶん取材日は月曜だと言うことが分かります。ここまで来ればスキヤキ弁当をとなりますね。しかし、残念ながら定休日でした。営業は木・金・土・日・月と変則的なものでした。

以上のことから、前日に出来るだけクルマの通らないルートを、入念に探されていることが分かります。また、当地への取材は木曜日、滋賀県最終日でした。ということは、日曜日に前入りしてルートを調べ、月曜日が第1日目。そして木曜日までの4日間取材ということが推測できるのではないでしようか。

これで「こころ旅」ネタも終了です。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

◆何とか利用できませんかね

昨日は、日帰り流離い旅。

Dscn0362

お茶を霜から守るための扇風機です。滋賀県の甲賀地区や三重県の北勢地区でよく見かける光景です。昨日も風を受けてクルクルと回っているものがありました。これを見て、いつも思うのです。これって「風力発電にならないのかなぁ」って。昨今流行のエコや自然エネルギーには?の立場の私ですから、莫大に費用を掛け、風景を台無しにしている巨大な白きプロペラには大反対です。でも、これだったら・・・。使うのは春先だけだし、モーターとジェネレーターの構造は基本的に同じだし、と、いつも運転しながら思っているのです。

Dscn0363

石榑峠のトンネルです。何と4,157mもあります。国道421号線、これだけ近代的になるともはや酷道ではなくなります。帰りに、おかむら酒店さんによって「出羽桜」の限定品をゲット。「つや姫」なる酒米です。さっそく頂きました。

Dscn0364

| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

◆思いで巡り

2息子が帰省しております。就活のためであります。今日は米原まで送迎。1時間ほどで済むということですので、戻らずに、こころ旅で紹介された40年前に通い慣れた道を尋ねることに。

Dscn0351

道路は、車で通るには狭くなっているように感じられ、坂は相変わらずでして・・・。母校を久しぶりに眺めて、番場へ行くことに。何と信号機があるではありませんか。バイパスも出来ており、時の流れを感じます。その信号機の近くで道標が。

Dscn0354

Dscn0355

ここから醒ヶ井を目指されたのですが、逆方向の摺針峠へいってみることに。中山道鳥居本宿に行くルートです。高校時代、よく走りました。中距離をやっていたものですから。番場の町並みも随分新しい家が建っており、ここでも時の流れを感じまして・・・。

Dscn0356

途中で名神の横を走ります。相変わらず車が1台ぐらい通れる道幅の狭さ。当時はそんなこと感じたことありませんでした。

Dscn0358

峠の道標を期待したのですが、ありませんでした。ここから、下りになります。鳥居本から来るルートの方がたぶんきついのでしょうね。うろ覚えですから、ちょうど郵便局員さんに出会いましたので、「ここ摺針峠ですよね」と尋ねました。

そして、折り返して、途中でこんな道標を。

Dscn0360

Dscn0361

なんか道標ウォッチャーになった気分です。人が見たら相変わらず、変わり者に映るでしようね。

| | コメント (2)

2013年6月14日 (金)

◆そじ坊 鴨せいろ

Dscn0348

イオンモール橿原1Fの「そじ坊」さんで、お蕎麦を。お昼を少し回っていましたが、満席状態。平日というのに、結構なことです。店頭の食品サンプルを見て、「鴨せいろ」に決めて、店内へ。しかし、少しお蕎麦の量が少ないので、追加を頼んだところ、「父の日サービス」で男性のお客様に1玉追加無料のサービスが。何だか得した気分になって、持ってこられて改めて現物を見ると、「えっ、これは多い」という感じでしたが、ご心配なく、しっかり完食。接客の感じもサービスも味の一部だと再確認した次第です。

| | コメント (0)

◆そんなところを通られては・・・。

Dscn0349

今朝の伊吹山は雲に覆われて、頭を少し見せただけですが、今は、ピーカンに晴れており、今日もまた暑い1日になりそうです。

さて、こころ旅、米原が地区が映っていました。テレビを見ながらルートを想像しておりました。スタートはたぶん道の駅、「近江母の里」の裏手だと思います。そこから、集落を抜けて米原駅の方へ。そして、最初の坂道。これは見覚えあります。この坂を3年間通いました。40年も前の話ですが、当時よりもさびれた感がありました。登り切ったところに高校がありまして、そこが母校です。そこからたぶん番場に出られて中山道を通って、醒ヶ井へ行かれたのだと思います。

近江長岡あたりも、あまり人が通らないようなルート。目的地に着くまで、出来るだけクルマの通らないルートを選択しておられるようです。

そりゃ、分かりませんて。想定していた道の駅とは逆のルートでした・・・。

日曜日の30分バージョンで詳しく見てみましょう。楽しみであります。

| | コメント (2)

2013年6月10日 (月)

◆周航そば ひょうたん亭

こころ旅、滋賀県版が始まりましたね。月曜日は4日間のダイジェスト版。俯瞰で見た琵琶湖の水面、さすがNHK。そして、醒ヶ井の梅花藻、映っていましたね。伊吹山も。引いてくると三島池が映っていましたが、これは以前に撮られた映像。何でそんなことが分かるか?って、それは私の定点観測(撮影)地だからです。ポイントは引いてきた時の左手前の水没している樹。今は、杭ほどの大きさしかございませんから。

さて、正平さんがバッテラを食べられていた映像の後ろに書かれていた文字を見逃しませんでした。それは「周航そば」。これは食べたことがあります。今津港の船着き場前の蕎麦屋さんです。となったら、確かめに現地に行くしかございません。ということで、今日のお昼は「周航そば」になりました。

Dscn0345

写真はセットメニュー。ご飯は3種類あって選べます。しょいめしとあとはなんだっけ・・・。私は鯖寿司、つまり、バッテラをチョイス。自家製手打ち麺でサッパリ味の出汁でした。美味しゅうございました。真ん中の鳴門は竹生島、湯葉は漣。鴨とワカサギがおりまして、たぶん人参は舟を模しているのだと思います。詳しいことは、お店にPOPがありましたので、そちらを。

Dscn0346

バッテラ、薄味でした。もう少し肉厚を期待していたのですが・・・。

また、出汁は少なめですので、しっかりと飲み干すと・・・。

Dscn0347

どんぶりの底に、琵琶湖と宝の文字が現われます。ちと粋ですかね。

入口を入ってすぐに正平さんの写真とサインがございました。たぶん舟の映像がありましたので、竹生島に行かれたのかもしれませんね。

このひょうたん亭さん、駐車場が共同のそれも2台ほどしか停められませんので、行かれる際は、営業時間をしっかり調べてからの方が良いと思います。

| | コメント (2)

2013年6月 9日 (日)

◆ちと早し

本日は、何もせずにぼぉーっと。友人から送られてきた「海賊と呼ばれた男」を読んでいます。最近、集中力が続かず、本とは縁遠くなりましたが、これは面白い。なるほど友人が勧めるだけのことはある。

そして、休憩を兼ねて、野菜の水やりと、芝と草刈りを少々。

Dscn0343_2

凛々子もだいぶ実をつけてくれています。

そして、宅急便が。差出人は2息子です。開封してみると

Dscn0342

感謝かぁ・・・。「するんなら母ちゃんやろ」と思いつつ、内心はニコニコ。

開けてみると、

Dscn0344

米と芋の焼酎でした。ヤマセミというのが、親父の心をくすぐりますなぁ。ツボを心得ております。でも、米はないやろと思ったのですが、2息子曰く「大吟醸が好きやから大丈夫かなと思った」と。

何にしてもありがたいものです・・・。でも、1週間早い。誕生日も兼ねてということらしく。遅いよりマシか。

| | コメント (2)

2013年6月 8日 (土)

◆大門 吟そば

放浪旅、とは言っても仕事もからんでるのですがね。少し足を延ばして、兵庫北部の出石蕎麦を食べに。いやぁー、どこへ行ってもご年配の方ばかりで。本当にお元気ですね。

出石はご存知の方も多いかとは思いますが、蕎麦屋さんばかりでして。少しウロウロして、どの店にしようか迷ったのですが、結局、駐車場から2軒目の大門さんへ。入口正面にレジカウンターがあり、店員さんが座っておられたので、商売人としては?マークがつきましたが、「吟そば」というネーミングに惹かれて入ることに。

出石は皿蕎麦が有名ですが、あえてそれを外して10割蕎麦の「吟そば」にしました。注文すると、先ず、生山葵が鮫皮のおろし板と共に出てきまして、蕎麦が出てくるまで、自分で山葵を擦ってお待ち下さいとのこと。これはこれで有りですかな。やはり生山葵、香りが違いますね。暫くすると出てきました。

Dscn0339

小皿に、山椒風味の昆布の佃煮と塩麹で漬けた胡瓜がおまけについてきました。そして、小さなたくわんの小袋入りも2つほどおまけに。蕎麦は美味しかったです。何と言っても10割は聞こえが良いですからね。そば湯も出てきました。出汁は少し濃いめでしょうか。

そして、そば湯と共に「お店からです」と一言添えて、黒豆入りのわらび餅が出てきました。

Dscn0340

これは美味しゅうございました。色々おまけをつけていただきましたが、全てお土産コーナーで販売されているもの。流石、商売上手ですね。その後、駐車場の奥にあるバッグ工房を除くことに。バッグづくりが体験できるそうです。見慣れたバッグのブランドもあったりしましたが、触手は動きませんでした。また、結構安いモノもありましたので、お土産にされるのか、年配の方が買っておられました。

| | コメント (2)

2013年6月 7日 (金)

◆スネって・・・。

昨日、放浪から帰ってくると、カミさんが得意げに1枚の紙を差し出しました。それが、これ。

Dscn0341

正平さんがロケが終わって休んでおられるところに遭遇したらしく、サインをもらってきてくれました。

コピー用紙がカミさんらしい。もっとしっかりした紙を使わないと失礼だと思うのですが・・・。

「ソネ」って、何なんだろうとしばらく眺めていたら、「又ネ」ということに気がつきまして。それにしてもスラスラと書けるような書体と文字の配列です。見事としかいいようが見あたりません。

これで縁が出来たし、一丁投稿してみるかと思った次第です。

| | コメント (2)

2013年6月 4日 (火)

◆やっぱり痩せないと・・・。

本日、病院三昧。

まず、私、月1回の通院日。結果は、hbA1cは5.7と先月よりも0.1ポイント上がりました。注射の単位数を半分にしたため、ある意味仕方がありません。それよりも、中性脂肪が多いと指摘を受けました。とりあえず、薬で抑えることにしようということになりまして・・・。どうすれば低くなるのかを聞きましたところ、痩せるのが一番とのこと。やはり、そうですか・・・。ちと本気でダイエットに励まないとと思った次第です。

Dscn0335

写真は採血をした後に貼る絆創膏です。以前はカット綿だったのに、進化していますね。こういう、消耗品をあみ出せると、儲かるのですが・・・。恩恵を受ける方ではダメだと、しげしげと眺めながら思う次第で・・・。

自宅に帰って、今度はバアさまを連れて岐阜羽島まで・・・。ここでも時間をとられて、終わったのが、12時半。帰ると1時半。そこからお昼を食べて・・・。それから、商工会へ会場を押えにいって、帰りにガソリンスタンドで洗車。

あとは、ぼぉーっと過ごして1日が過ぎていきます。

こんな事ではダメだなぁ・・・。

「こころ旅」の火野正平さん、木曜日に米原市に出没されるようで。それも伊吹あたりに。そんな情報が入ってきました・・・。道の駅で待っていれば、ひょっとして・・・。そんなに食べるところありませんからね。

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »