« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

◆長浜 総持寺(ボタン寺)

連休情報と言うことで、長浜にある総持寺、通称ボタン寺に行って参りました。本当は、土・日の天気の良い時に行こうと思っていたのですが、混むのが苦手でして、本日、10時に行きました。

P4300434

仁王門を入ると参道がありまして、突き当りを曲がると本堂です。

P4300424

本堂の横には、こんなものも・・・。

P4300429

傘立てにもボタンですか、こんなところに目を向けるのはおかしいですね。

そして、本堂の奥は

P4300427

まだ、まだ蕾の株が多いです。連休明けでも充分に楽しめると思います。花守みたいな方がおられて、花が開いた茎を揺さぶって、チェックされておられました。満開でも旬が過ぎれば切り取って、次の花が開きやすいようにしておられるようです。では、拙い写真をランダムに。

P4300418

P4300423

P4300425

P4300428

ドアップも・・・。

P4300421

P4300426

蕾もそれなりに・・・。

P4300432

ツツジ科の花でしょうか?

P4300433

そして、梅の木と松の木の合体バージョン。松梅(ショウバイ)の木、商売をしている者は、これは外せませんね。

P4300430

P4300431

| | コメント (2)

2012年4月29日 (日)

◆三次元

クルマをいくら走らせても、所詮は二次元の世界。三次元の世界、空に海に、昔から憧れております。鳥は良いですな。風を翼に受けて、思い通りに飛べる・・・。しかし、失っているものも。骨は軽くする為に、中空になっていると聞きましたし、腸も短い為に、いつも軟便。

P4270013

青い空と海を手に入れる為に、伊根湾クルーズへ。カルビーのかっぱえびせんを1個100円で3個購入して、に乗り込みます。乗船料は660円。約30分くらいのクルージングです。船が出ると、トンビやカモメが後に付きます。

P4270015

カモメと目が合うぐらい、近くまで寄ってきます。気をつけなければならないのは、トンビ。不意に現われて、えびせんをかっさらっていきます。勉強会などの放電に備えて充電をするには、こういう自然の中が一番です。何にも考えずに、ぼおーっと、そして、必死にカモメやトンビと対峙します。

それにしても、民主党さん。道路より人じゃなかったのですか。伊根に行くまでの道は、8年前と比べて、随分と綺麗になっていました。今も工事中の箇所がありました。年度替わりですから、予算が付くまで、工事はあまりないはず。何か矛盾してますよね・・・。

| | コメント (2)

2012年4月28日 (土)

◆十得

伊勢自動車道の久居インターを降りてすぐのところにあります。目印は大きな看板。

P4250417

お昼を過ぎても駐車場にはクルマがけっこう止まっています。今回はランチメニューのざる蕎麦と小天丼のセット。1100円也。

P4250416

蕎麦粉は広島産でした。入口に貼ってあります。もちろん、美味しゅうございました。久居に行った時には、必ず伺うようにしています。たまに定休日に当たることもありますが・・・。

いつも国道を利用します。鈴鹿峠を越える前に道の駅土山があります。そこでのオススメは、竹の皮に包まれた塩むすび。290円也。

P4250415

3口ぐらいで食べられる小振りのおむすびが3つラップに包んであります。柴漬けが付いているのですが、たくわんの方が好きですね。また、久居に行くまでの芸濃地方は、花や植木の産地です。植物園などが国道沿いにあったり、植木の畑の生け垣はボタンで満開だったりで、なかなか見応えがあります。花好きにはたまりません。

また、当ブログをよくご覧になっている方から、教えていただいたのですが、三重県立美術館で、榊莫山展が20日(日)まで、開催されています。仕事絡みでしたので、行けませんでしたが、108点寄贈されたということなので、是非、日を改めて行きたいと思っています。

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/catalogue/bakuzan/bakuzan_shosai.htm

ここから更に足を伸ばして、伊勢・志摩方面に行くのも良いですねぇ。

| | コメント (2)

◆そば蔵

連休前半はお天気が良いそうですね。桜も散って、当店の周りは新緑のパステルカラーへと衣替えをしております。こんな時はといきたいところですが、たまには店主を務めなと思っておりますので、ずっと店に籠もっているつもりです。ぜひお越し下さいね。

近場のお出かけのご参考になればと思って・・・。

P3020321

そば蔵さんの鴨せいろ。お値段は忘れました。2月ぐらいに行きましたので・・・。蕎麦の上にのっているのは、芽だったばかりの蕎麦の葉です。ちと珍しい。お味の方は付けだれは抜群でしたね。もちろん、お蕎麦も。店員さんの接客も感じが良くて・・・。肝心なお店の場所は諏訪インターを降りてすぐのところにあります。釜飯やさんの近くで、水車が目印です。

腹ごしらえをしてビーナスラインを通って、白樺湖や女神湖あたりまで足を伸ばすのも良いですね。そして、オススメは放浪美術館です。ビーナスラインに入ったところにあります。公式ホームページは、

http://houro.net/index.html

侮るなかれ、展示量は半端ではありません。数回行っておりますが、閑な時は、館長さんが説明して下さいます。お茶も出てきました。どちらから見てもお地蔵さんが見える大きな貼り絵もありました。一番印象に残っているのは、鮫の貼り絵です。年に1回、入れ替えをされるので、展示されているかどうかは分かりませんが。山下清ファンなら、是非とも見ておくべきですね。

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

◆何だか納得いかないなぁ・・・

昨日の朝のこと。

1息子を駅まで送っていかなくてはならないことに・・・。一昨日は最終でお帰りで、カミさんがお迎えに・・・。翌朝、当然「ブツブツ・・・」

ということで、閑な父ちゃんの出番と相成ったわけで・・・。家計の負担率からいえば、1息子が少ないわけで。なのにVIP待遇とはどういう事なの

黄砂の関係かどうか、分からないけれど、霞んでいまして・・・。帰りに三島池によって見ようと・・・。

P4250410

定点観測地から、右に少し振りまして・・・。水面に映る朝日を・・・。伊吹山を入れたいところですが、アングル的に無理がありまして、これぐらいでした。

P4250414

うっすらと、お山が見えております・・・。

| | コメント (2)

2012年4月22日 (日)

◆花散らし

P4220408

木の雨と風で、桜はピンクから緑へと・・・。道路はピンクの絨毯です。

丸1日。来週に向けて充電中です・・・。

| | コメント (2)

2012年4月20日 (金)

◆目があって

昨日、SCを徘徊していたら、この方と目が会ってしまって・・・。

P4190407

コルネです。パン屋さんも季節感を出すのに頑張ってらっしゃいます。

1番人気は、ホテルパン(食パン)でした。桜のものもありましたが、5月が出番を迎えていますね

| | コメント (4)

2012年4月18日 (水)

◆桜、さくら・・・。

今日のおやつは、これです。

P4180402

くず餅です。しかも三輪素麺山本さんのもので、ビックリ。素麺だけではないのですね。頂き物で、黒蜜ときな粉をかけていただきました。

これではいけないと思い、天気も良いことですから、徒歩5分のところにある、きゃんせの森に行ってきました。目的は枝垂れ桜です。回りの桜はだんだんと白くなって見頃を過ぎていますが、枝垂れ桜は、この土日も楽しめそうです。芝生もありますので、お弁当を広げるにはもってこいですが、です。しかし、禁酒とはありませんでした。もありますので、まだ桜を見ていない方には穴場だと思います。

P4180403

P4180404

P4180405

P4180406

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

◆まっ盛り

当、近畿のチロル地方も、桜が真っ盛りです。三島池にも行ってきました。大して感動することなくて・・・。灯台下暗しでしょうか、事務所の窓から見える伊吹高校の土手の桜が、たいそう綺麗です。

P4170400

グランドシートを敷いて酒盛りといきたいところですが、どこかの馬鹿ぐらいにしか人の目には映らないし、風は今も冷たいので・・・。もともとお花見もあまり好きじゃありませんし。

ふと、足元を見ると、紫色の可憐な花が・・・。

P4170401

名前は分かりません。しかし、こういう花の方が好きですね。桜と比較すると、誰にも見られることもなく、話題にも上らず、しかし、凛として咲いている。

馬渕塾が続きますので、蔵書を引っ張り出してきて、充電中です・・・。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

◆哀愁のタンゴ・・・。

今週は、全くアポ取りが出来ていなくて、というよりは、お店の方が忙しいので、私はお邪魔になるのでして・・・。

芸能人の事務所問題から、何となく8年前を思い出して・・・。その時のスケジュール帳を見てみると、ギッシリ。当時は事情説明に全国を回ってました。あれから8年・・・。

よく当ブログにコメントを下さる、くぅくぅの母さんが間人ガニを食べに行かれたことを知り、何だか急に丹後が懐かしくなって・・・。事務所に籠もっていても何だし・・・。とにかく出掛けてみようと。

目的地は、丹後関係をネットネット検索していて、離湖(はなれこ)なる湖が存在したことを知り、そこの桜が綺麗だということも知り、そこの湖畔のホテルでランチを取ろうと決めて・・・。

峰山のロードサイドは、随分と賑やかになっていました。来来亭もかっぱ寿司もスシローも新しくできていました。よく宿泊したビジネスホテルもクルマがいっぱい止まってました。1階がトマオニがあって、温泉が付いているホテルです。よくお昼を食べた平七さんも、赤くてでっかいド派手な「間人カニ」の看板が付いていました。昔の板張りの方が、隠れ家感があって良かったのですが。

丹後地方は、昔は縮緬が盛んで、それが斜陽になり、大変だったようですが、今は観光を目的としているのでしょうか、何だか活気がありましたね。

お目当ての離湖は、お隣の網野町。お店のレイアウトやファサードのご相談を受けることもありますので、自分用の充電というつもりで、異業種のお店をお勉強です。「小さな白い花」というホテルのレストランです。

P4130007

生憎の曇り空で、一番桜の見える席に。本当は外で食べたかったのですが・・・。夜には桜がライトアップされるようです。

パスタコースを頂きました。

P4130009

地元丹後の野菜を使っているそうです。確かアンチョビソースだったと思います。

P4130011

自家製のパン付です。スティック状のものは、ビスケットに近かったです。パスタにも野菜がたっぷり。ボリューム満点で、今の私には少し量が多かったです。

P4130012

オススメは、このプリン。デザートでコーヒーとセットで出てきたのですが、プリンとヨーグルトの中間の柔らかさで、これは美味しかったですね。お持ち帰りも出来て1個400円也。パスタコースは1600円でした。このプリンと出会えただけでも収穫でした。そして、イケメン揃いで、社員教育もバッチリとされている感じでした。トイレも綺麗でしたし、ご案内いただけました。どおりでお客様は女性の方が多かった理由も分かります。

このまま帰るのはという思いと、やはり海が見たくて・・・。県道を通ることに・・・。途中に静神社がありました。何でも静御前の生誕地だということです。この丹後地方、細川ガラシャの隠遁地だったり、小野小町が没したところだったりと、歴史に名が残っている女性に関係のある地方ですね。

P4130006

階段には桜が覆い被さって、人気もなく、正に静でした。

P4130004

社も小さなものでした。でも、社を背にすると、目の前には日本海が・・・。ここに来るまでの道路は、狭いところもあり、拡張されたところも有りで、昔に乗っていたオープンでかっ飛ばしたら、気持ちの良さそうにところです。あまり人が利用しないところが、整備されているのは、前政権時代の政治力でしょうかね。ここには、水洗の公衆トイレもありましたので。

そこから、更に進むと、七龍峠ロードパークという駐車スペースがありました。誰もいないのに、立派な設備でした。

P4130003

ここからの下りも桜が・・・。そして、クルマを止めて・・・。

P4130002

ベンチに座って、海をぼおーっと眺めておりました。そんなオジサンの背中は、きっと哀愁に満ちていたでしょうね・・・。まさに桜独り占め。私の春のお出かけスポットになりそうです。

帰りはきっちり雨に降られて・・・。さらに哀愁がましておりました。もちろん、疲労も・・・。

| | コメント (2)

2012年4月11日 (水)

◆ジュース屋のオッチャン

P4100399

7年間お付合いさせていただきました、サントリーの自販機をJTメインのタイプに入れ替えました(右)。今までは青・赤・白とフランスカラーだったのですが、今度は白・赤・白とジャパンカラーになりまして、インパクトは少なくなったものの、気に入っております。JTのルーツアロマシリーズは揃っておりますが、サントリーのエスプレッソシリーズは残してありますし、キリンのファイヤーも入りましたので、缶コーヒー類は充実しました。ほとんどの缶コーヒーは100円ですし、メーカーはJT、キリン、サントリー、ポッカ、大塚製薬とバラエティーですので、お立ち寄り下さい。

好奇心の強いオッサンは、設置状況を花壇に腰掛けて眺めておりました。と、彼方から「あっ、ジュース屋のオッチャンや」というカワイイ声が。声の主は、お隣のお孫さんです。この子には、私自ら、ジュース屋のオッチャンと申しておりましたので、それが定着しております。ジュース屋で食べていけると良いのですが・・・。

| | コメント (2)

2012年4月 9日 (月)

◆見習わなくっちゃ・・・。

となりのガレージのコンクリートに紫色を発見。

P4090398

菫です。こんな劣悪な条件なのに、ちゃんと春が来て咲いている。何か、教えられるような気がします。実は、桜よりも好きなんですよね。ぼやいている閑があったら頑張らなくちゃと思ってしまいます・・・。

| | コメント (2)

2012年4月 7日 (土)

◆伊吹野そば

今朝は、雪が降ってありました。今は陽も射しており、その雪も溶けてしまったのですが・・・。何にしても、これが4月かなと思う寒さです。

P4070397

見頃の終わった椿ですが、とても寒そうです。

さて、昨日は2回目の個別塾。その塾生さんと伊吹野そばに行きました。私は、天ザルの大盛りを、塾生さん達は天ソバの大盛りを。

P4060396_2

天ザル1300円、天ソバ1100円、大盛りは+200円でした。天ソバには海老が2匹、天ザルには、海老2匹に大葉と、椎茸とあと一つ何だったかなの3つが付いています。野菜天ぷら3つで、200円アップということになります。この金額の差にあまり納得していない、ケチなオジサンです。

そんな些細なしょうもないことは抜きにして、やはり、私にはここの蕎麦が一番旨いです。何でかなと考えてみたら、使われている水が一緒なので、たぶんそれが影響しているのでしょう。でも、ここにお客様を連れて行くと、100%美味しいと言って下さいます。また、蕎麦だけしか扱っておられませんが、最近、レジ前で、ご飯もの(弁当)をしておられます。今の時期は、筍ご飯、300円でした。今度は、天ソバと筍ご飯にしてみようかなとも思ったりして・・・。

ただ、ここでは時間がゆっくりと過ぎていきますので、待つことが苦な方にはオススメできません。注文を聞いてから、天ぷらを揚げたり、蕎麦を茹でたりされますので・・・。あと、お昼時は避けた方が良いと思います。私はいつもお昼15分前に行くことにしております・・・。

| | コメント (2)

2012年4月 5日 (木)

◆怠け者

しなければならないことがあるのに、全く仕事が捗らない。

集中できないことを、歳のせいにしている怠け者です。少し仕事をすると、頭に「息抜き」「息抜き」の文字が浮かんで・・・。

ずっと気になっていた近くの梅の木を見に行くことに。

P4050391

立ち姿が良い古木なので、道路を通る度に気になっておりました・・・。

P4050393

本当に幹味の良い樹です。苔付も良くて・・・。足元には蕗の薹やホトケノザを従えておりまして、日本画の題材になりそうな樹です。

怠け者は、スイーツにはマメであります。今日は上野風月堂の「桜プティゴーフル」を。

P4050395

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

◆追憶

奴が逝って、4年が経った。おそらく、奴のことなど、ほとんどの人が忘れているだろう。

奴がした功績といえば、片田舎の路面店で恐ろしくバレンタインチョコを売ったこと(大型の路面店は分からないけれど)。おそらく、この記録はこの先、破られないだろう。

風紀上、良くないと言うことで、みながボディピアスをやめていった中、一人頑張って売れることを証明し、結局、業界が追従したこと。

今は消滅してしまったけれど、バラエティーショップで、奴のセンス(バラエティーの目線)でアパレルに挑戦して、FC展開をし、新しい切り口を提案したこと。

ネーミングセンスもユニークだったなぁ。お茶目になろうという事で、ショップ・イン・ショップの名前が「オチャメ商会」。商標登録したけれど、もう、その意味もないなぁ。

そんなユニークな奴に出会った時。奴の方が上だった。破れたジーンズを履き、虎の写真柄のビニールショルダーをかけ、キャップと団扇持参で事務所に現われた。何と名刺は、コーヒーチケットみたいな綴りで、ちぎって手渡すものだった。後にも先にも、そんな名刺をもらったことがない。

そんな奴が、お店がうまくいかなくなって、巡り巡って部下になった。もとより、自由な奴だったので、型にはめられるのがストレスだったことを、後で聞いた。だから、奴のためを思って叱っても、頭は理解できていても、行動が伴わなかった。人のために諭しても人は動かないことを教えてくれた奴だった。人の為と書いて偽というが如く・・・。

そして、人は無力だということも。結局、最終的というか、結果的には奴を助けることができなかった。人を助けると言うことは、全て肩代わりすることなので、それができなければ無理だということ・・・。

しかし、奴と過ごした2年間は、楽しかったなぁ。正確には月1回だけど。行った時は、店のスタッフと一緒に食事をして、もちろん、お酒も呑んで・・・。1次会は私持ち。2次会のカラオケは奴持ち。リンダ・リンダが得意だったなぁ。

いつまでも奴は田川弁が抜けなくて・・・。だき・そき・ほきの3段活用を教えてくれたけど、もう忘れてしまった・・・。

別の会社を引き受けることになって、奴とは関わりがなくなったが、できなかったわけではなくて、他の役員に押しつけたかっただけで、私の勝手だった。これは誰にも話していない。あのまま、しんどくても拘わっていたら、もう少し違う展開になっていたのかもしれないが、結果として自分も去ることになってしまったので、同じかもしれない・・・。私が去ってから、都合良く会社に使われていたような話を耳にした。やがて、奴も会社を去ってしまって、広島にいるらしいということを風の便りで聞くことになった。

夜、携帯に「○○が骨になって帰ってきました」という、奴の元嫁の声が、今も耳に残っている・・・。

年に1回は墓参りに行きたいのだけれど、なかなか行けずじまいに・・・。

774379820_168

この写真は、奴が私の部下になった頃のもの。みんなで乗鞍の朝日を見に行った時のもの。大野から白鳥に抜ける美濃街道のコンビニで。奴の照れ屋が良く分かるし、あんパンが似合う奴だった・・・。あっ、そうそう、初対面の時もビーサンだった。およそ会社を訪ねる時の格好ではなかった。

墓参りには行けないけれど、年1回は思い出してやることに・・・。

合掌

| | コメント (2)

2012年4月 3日 (火)

◆何か違うなぁ・・・。

今日はなみの低気圧がきて大荒れということで、昨夜からテレビが騒いでおります・・・。

昨日は、春の陽気でして。それに誘われて散策を。

P4020389

海津大崎から見るひょこりひょうたん島(竹生島)です。ここの桜は滋賀県でも、一番最後の方が見頃ですが、もう既に界隈は行楽シーズンの準備をされていました。

P4020388

桜はもう目覚めて、花芽が少し膨らんでおりました。帰りに猿たちを見ましたが、写真を撮ろうと近づくと逃げてしまいました。残念です・・・。今、バリにいる友だちとサルを見物したことを思い出したりして、一人、黄昏れておりました。

ふと、ここも大飯原発の30㎞圏内にはいるのかと思ったりして・・・。そこから、色んなことが頭をよぎって・・・。

テレビを点けると南海トラフがどうだこうだ、津波が30mの高さになるのだ、云々と・・・。最近は画一された情報ばかりで、見る気が全くしません。津波のシミュレーションを出したのはどこなのか、そんな情報が出るのなら、東日本大震災の前に出せよって。東日本大震災で、地震学ってものは全くあてにならないことが分かったのに、何故そこをつっこまないのかって。

そもそもたった1回の原発事故で、原発を全て止めろという風潮もおかしい。これは、たった一回戦争に負けたからって、武力を否定していることと全く同じで、思考の最初のボタンのかけ方が違っていると思うわけでして・・・。戦争に勝つことばかり考えて、負けた時の対処を最初から考えて、戦争をしなかったことが、今もずっと影響を及ぼしているわけで。武力を保持しないとあるのに、自衛隊があるような矛盾・・・。

原発事故が起こることを想定して、原発を建てておけば、良かったわけで。その証拠に、同じ地震が来ても福島第一原発はパンクして、女川原発はどうって事なかったわけで。その差は、たった5m。単純に東電がコストの削減をするために、都合の良い地震学者を使ったわけで。

もっと問題は、今の政府。どこがチェルノブイリと同じレベルなのか。日本は一人も放射能で死んでないのに、何故、レベルを引き上げたのか。まるで、戦後補償のように思えてしまう。

話は戻りますが、起こってからどうするかの対応の方が、防ぐという観念よりも大事だと思います。完全てことはないのだから。スピーディなるものがあっても活用されなかったことの方が、ストレステストよりも大事なのに、そこはあまりメディアで取り上げられない。

反原発は宗教と考えた方が分かりやすい。9条と同じで、これらの方には理屈や理論を交すということはできない。ダメなものはダメなのですから・・・。結果、電気代が上がって、海外へ企業が出て行っても、原発がなくなければ、良いと思っている。「原発反対」のかけ声、「靖國要らない」、「天皇要らない」と多くの機動隊に守られて九段でデモ行進している方達のフレーズと全く同じだと、Uチュを見て思ったのですが。

むしろ福島原発事故は、チャンスだと思うのですが。誰も経験できなかった事故解決のノウハウが蓄積でき、機械がつくられるし、原発解体のノウハウも同様に蓄積できると思うのです。

福島原発事故などお構いなしに、チャイナは100の単位の原発をつくると言う。インドもベトナムも。福島第一原発は、太平洋側だったので、幸いにして太平洋の方に放射性物質の多くが流れていったのだけど、チャイナやインド、ベトナムに事故が起こったら、風は西から吹いているので・・・。そんな時に、対応できるのは、日本をおいて他にないと思います。だから、頑張って欲しい。

ミサイルの話も出てるけど、どうって事ない。イザとなったら、原発もロケット基地もあるのだから。ダメですね。だんだん過激になってきちゃった。攻められてもそれに対応する法律がない国。領空侵犯されても、敵機(不明機)を撃ち落としたら、殺人罪になる国。日本の常識は世界の非常識って事を真剣に考えないといけない時期に来てると思います。

| | コメント (2)

2012年4月 1日 (日)

◆イワンの誕生日

今日はイワンのお誕生日。イワンとは、ダヤンでお馴染みのわちふぃーるどに出てくるワニのキャラクターです。

0004

わちふぃーるどの公式ウェブサイトのイワンのプロフィールは、

4月1日生まれ。ワニ種。オス。生まれはアルス(地球)のオキスタルヌ動物園、タシル山のふもとの森の中の洞窟に在住、家族はお母さん(アルス在住)

ダヤンのちょっと変わった友達、イワン。ダヤンの家よりさらに山の中に入った森の洞窟で静かに暮らしています。変わり者の多いわちふぃーるどでもひときわ 個性的なワニです。イワンの魅力は、なんといってもその懐の深さ。深いところの心理を知っている彼は一見とっつきにくくても、つきあえばつきあうほど味の 出てくるキャラクターです。

と紹介されてます。

伊吹山の麓のお客様もほとんど訪ねてこない、小さな雑貨店に籠もっている私と、なんか似ている感じがして・・・。キャラがたっているところも似ていますし、お酒が好きなところも極似です

どうも名前の由来は、イワンの馬鹿と4月馬鹿と合わせているみたい
なのですが・・・。それとて、宮沢賢治の雨ニモマケズの最後のフレーズ、

ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

が、何となく好きな私には、好感が持てるわけでして・・・。

というわけで、自分と縁があるものは、何でも好きになるタイプで、隠れイワンファンであります。そんな私を知っているのか、こんなプレゼントをもらいました。

P3310386

イワングッズは、少ないのですが、あまり売れていないお店では、デッドストックがあるみたいです。

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »