« ◆営業日変更のお知らせ | トップページ | ◆SAVOY »

2010年4月26日 (月)

◆4.26

4月26日と聞いて、何を思い浮かべられるだろう?

2年前の2008年4月26日、長野で北京オリンピックの聖火リレーが行われたことは記憶しておられるだろう。

あの時何が起こったか。日本人であるならばちゃんと心に留めておくべきだと私は思う。あの光景は、「ここは、いったいどこの国なのか」ということを、知らしめたはずなのに、良いのか悪いのか日本人は、すぐ過去のことを忘れてしまう。

安全と水は只のように思っているからこそ、ルーピー首相は、普天間問題で迷走する。国民の生活が第一ならば、まず、ちゃんと国民を守ることができる体制を取るべきだろう。

しかし、今の政権には、危機管理能力、危機回避能力は皆無である。因みに自衛隊の最高指揮官は、ルーピー首相である。

Plc1004231823015p1

今月2度にわたって、中国軍のヘリが護衛艦に異常接近している。防衛大臣が抗議をしたが、中国からの回答は、

「正常な訓練をしている中国海軍の航行を、長時間にわたって近距離で妨害するべきではない」と日本側の監視行動を批判。「訓練は年度計画に基づいたもので、他国への脅威になるものではない」

という、まことにふざけたものである。これに対して日本側は、再度抗議をしたそうだが、これも情けない。

「今後、同様のことが起これば、発砲する」と何故言えないのか。そうすれば、おさまるだろう。仮に逆のことをすれば、間違いなく中国は発砲するだろう。中国は、日本はどこまですれば、怒るのかと様子を見ていると私は思うのだが。そして、日米関係がギクシャクしているのが影響しているかもしれない。

|

« ◆営業日変更のお知らせ | トップページ | ◆SAVOY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆営業日変更のお知らせ | トップページ | ◆SAVOY »