2018年8月16日 (木)

◆耐久3日目…黒四ダム

耐久走行3日目です。この日はただただ帰るのみ。しかし、ナビゲーターが行きたいところがありまして。それは黒四ダムです。私は立山黒部ルートは完全制覇しているのですが、ナビは立山側は行っているものの、扇沢側はまだでして、しかも昨年行く予定だったのが、行けなくなりましたから、余計に想いは大きくて、行くことにしました。

扇沢駐車場はほぼ満杯状態、しかも1,000円です。関電、よう儲けますなぁ。おまけにトロリーバスも関電でして…。しかも結構なお値段。本当は大観峰まで行きたかったのですが、券売所で所要時間は5時間というのを聞きまして、12時30分のトロリーバスに乗ると、帰りは最終ということでしたから、ここは無理をせずに黒四ダムまでにしました。おりしも夏休み、行きも帰りもトロリーバスでは立ったまま。しかし、所要時間は15分前後でしたから、それほど苦にもならず…。

駅に到着すると左右に分かれます。方や220段強の階段を上ると展望台に、もう一方は60段強でダムに。デブには坂と階段は命取りですが、ここは頑張って見晴らしを優先させました。レストランを通って外階段を上り、展望台に上ると、絶景が…。

39050590_824817317720802_1972595667

観光放水中で、水の勢いが物凄く…。後ろを振り返ってみると、絶壁がそびえ、その上の空が青かったです。

38837021_824817854387415_7873795468

その後、外階段を下に降りて、ダムの上まで行き、絶景を楽しみました。その後、ダムサイドのレストランで、やはり、これを食べました。

38884768_824817537720780_5347072114

定番のダムカレーで、カツのトッピングです。これを食べるには、まず席を確保して、食券を買い、マイクで番号を呼び出されて取りに行くという、完全セルフスタイル。因みに、英語ではオートマチック・オーダー・システムとありました。その食券には2桁の番号がありまして、99まで呼ばれるとどうなるのかと興味を持っていたところ、0番に戻ったのです。いったい何回転しているのか、すごく興味がわいたものですから、肝心のカレーの味はあまり覚えがありませんが、変わった味で、取り立てて美味しくも、まずくもありませんでした。

ということで、自宅に着いたのが8時ごろでした。爆走の3日間で、少々の疲れが…。やはり、年なのでしょうね。

|

2018年8月14日 (火)

◆横手焼きそば・・・耐久2日目

お盆も、いちおう開けてはいるのですが…。だーれも・・・。

さて、前回の続きで2日目です。その前に1日目に行った中尊寺を忘れていました。

Img_2054

ナビゲーターが、坂の上駐車場は100円高くて、お土産店もない代わりに、金色堂や中尊寺には一番近いということを事前に調べていましたので、その通りにすることに。何せ、デブにとって階段と坂は命取りですから。金色堂、よかったですね。行って良かったとしみじみと・・・。

さて、2日目。まず、イエローハットでオイル交換を。11時スタートして遠野に。定番のカッパ渕を見て、一路新潟に向かうことに。

38765871_823511627851371_7467866826

しかし、台風が接近しているために迷った結果、横手まで秋田道を行き、そこから下に下り、新庄>>>山形>>>米沢と山形県を縦断し、大峠を超えて喜多方を通り、会津若松インターから磐越道で新潟に着くルートを選択。

Cci20180813_0001
そして、横手といえば横手焼きそばです。ところが有名どころは午後2時までの営業、開いているところを探すと元祖と呼ばれるお店を探し出すことができました。

店内は綺麗でして、お昼はとっくに過ぎているのにお客様がおられました。中にはテイクアウトされる方も。老夫婦がやられているお店で、なかなかの繁盛ぶり。ここで商売の原点というか基本を再確認することに。店舗がその一部に含まれている新築の二世帯住宅でした。コツコツと真面目に商売をされて、しかも定年はありませんし、固定費の一番かかる人件費は夫婦ですから0、次にかかる家賃も自宅ですから0。そりゃぁ、これだけの家が建つのも当たり前。負債となる持ち家もお金を生む店舗を内包しているのですから、正にいわゆる「金持ち父さん」の論理でした。

で、肝心の味は…。関西人にはイマイチというか、馴染まなかったですね。関西はソースは飛ばすものですから…。もちろん、地元に人には懐かしいソールフードなのでしょう。それはお客様を見ていて分かりました。

38789167_823512554517945_5465447717

余裕をかましていた2日目のルート。想像していたよりも時間がかかって、特に横手新庄間は経験がありませんでしたから…。途中でビジネスホテルに到着が遅れる旨を連絡し、楽しみにしていた居酒屋にはキャンセルを入れ、新潟に着いたときは午後8時でした。

ホテル内の食堂で夕食を済ませて、爆睡でした。

|

2018年8月12日 (日)

◆耐久1000キロ

お盆休みに入りましたね。しかし、当店は相変わらずの状態で、グダグダと1日が過ぎていきます。

週中のこと。思い切って北に出掛けることにしました。諸事情により、60日前予約をしていた宿をキャンセルするか迷いましたが、とにかく出かけてしまおうと。

深夜割引を利用するために0時スタートです。白河に着いたのが7時半ごろ、前日お願いしていた生花店によって、この1年間の報告を…。それを済ますと、一路、花巻を目指しましたが、途中のインターで降りて、ニッカの宮城峡蒸留所に。今回1息子の車を借りましたので、そのお土産をまず買うことに。おりしも台風が追いかけていましたし、翌日寄れるとも限らないので…。

38723611_821994184669782_3047718912

そして、花巻へ。過去に数回来ていたのですが、久しぶりに宮沢賢治記念館へ。

38705682_821995048003029_1898898693

ここでは少し時間をとって、ゆっくりと…。そして、花巻温泉に着いたのは4時半ごろでしたか…。

奮発して、子供が宿泊できない宿に…。しかし、ファミリー向けのホテルがお隣りですから、プールではにぎやかな声が聞こえていました。

部屋には露天風呂もありましたが、大浴場もほぼ貸し切り状態になりました。その理由は部屋数が少ないからです…。1,000キロ耐久レースの疲れをいやすには十分でした。

38731204_822725054596695_4100439766

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

◆フェイク

相変わらず暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

当方は少しバテ気味でして、そういう時はスタミナのつくものを食べるに限るということで、こちらを…。

Img_2031

土用の丑の日は過ぎたのかどうかも分からないのですが、鰻を…。

しかし、よーく見ると何かが違う。ハイ、正体はうな次郎なるフェイク食品です。

鱧の骨切りの如く、細かな切り目があり、本物とは明らかに違いました。しかし、皮の感じは上手く再現できていました。肝心の味は、魚のすり身が材料ですから、魚臭さがありまして、全く別物。まっ、財布の中身が乏しい店主ですから、分相応と言ったところですかね。

|

2018年8月 2日 (木)

◆ダヤン生誕35th記念イベント BABY総選挙

毎日暑い日が続きますねぇ~と、ぼやいている間にいつの間にか8月に入ってしまいました。プライベートでしなければならないことが、色々と出てきて、それに追われている毎日です。

さて、そんな当店もダヤン生誕35周年スペシャルイベントに参加します。

2018baby_senkyo

3,240円(税込)お買い上げ毎に、投票権入りのBABY缶を、全16種からおひとつプレゼント!

Goods02

※缶の柄は選べません。景品はなくなり次第終了となります。

中に入っている投票券のQRコードを読み込んで、お好きなBABYに投票できます。

Goods01

是非ともお越し下さい!


|

2018年7月26日 (木)

◆毎日暑いですね

毎日暑い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

当店も開けてはいるのですが、何せこの暑さですから…。

外で、少し動いただけで汗びっしょり。罹災された人たち、またそれを応援しておられる人たち、本当に頭が下がります。それに関連してなのですが、当店には飲料水の自販機を設置していますが、お茶やスポーツドリンク系の売り切れが出ておりまして…。設置元に聞くと、災害に遭われた地域に優先的に回しているために、お盆明けにならないと、入荷しないそうです。また、自宅のエアコンがつぶれまして、やっと昨日、設置してもらいました。15日待ちでした。こちらも今買ってもお盆明けにならないと設置できないそうです。

そして、エアコンの業者の方とお話をしていて、一つ知識が増えました。それは、適合する機種が分かったのです。何に適合するかという話になりますが、自宅は一時流行った隠蔽配管、つまり、壁の中に配管を巡らしているわけですが、使用するフロンガスの成分が変わり、その配管が使用できないと思っていたのです。数年前ですが、1台壊れた時に隠蔽配管をやめて、屋根に室外機をつけざるを得なかったからでした。

今回は隠蔽配管ではない場所だったのですが、三菱か日立の製品を使えば、ポンプが隠蔽配管というよりは前のガスを使った後の配管に対応できるようになっているそうです。シロクマか霧ケ峰を使用すれば良いとのことでした。

そして、前から宿題になっていた梅干しも干しあがりました。農家直送の南高梅で塩分濃度10%です。

37578281_804107329791801_7669905249

この暑さですから、2日でОK。早速定番のこちらを。

37638167_806356119566922_7151305381

最後に、店主1人で開けている雑貨店です。その店主も最近プライベートの雑用が多くなって…。たびたび「CLOSE」の札を掲げているのですが、留守のするのは1、2時間ですから、ご面倒でも事前確認をして頂けると幸いです。

|

2018年7月15日 (日)

◆本職ではありません

今日も暑い1日でした。ダヤンズバースデーフェアも残すところ1日となりましたが、なかなか思うようにはいきません。

今朝は昨日の轍を踏まないためにも、陽が上がる前から作業をいたしました。5時スタートです。気温はすでに高かったのですが、太陽が照り付けない分、ましでした。しかし、別なる敵が…。やぶ蚊です。虫よけスプレーなど用意していませんでしたので、払いながら作業スピードを上げるしかなく、おかげで2時間ほどで出来ました。

37126014_798755690326965_2684414324

決して、こちらが本職ではありません。念のために…。

|

2018年7月14日 (土)

◆暑さでギブアップ

竜巻やセミナーなどで、延び延びになっていました、ジャガイモの収穫をしようと朝から…。

昨年出来が悪かったものですから、欲張って7畝植えたのですが、思いのほか出来が良くて、休み休み1時間半かかって、掘り出しました。それがこちらです。

Img_1865

草交じりで分かりづらいので、少しアップしてみると、

Img_1866

これでも分かりませんね。しかし、3株ほどでバケツ1杯になってしまい、それを中継地点の籠まで運んで、更にその籠をファンカ―にのせて、お店横の車庫にとりあえず積んで…。2畝、2往復したところで、後頭部に照り付ける太陽熱で、ギブアップ。本当ならば、収穫を済ませたかったのですが、明日に持ち越しです。

ジャガイモの収穫が終わると、里芋の土かけをしなければならず、半農半商は来週も続きそうです。

|

2018年7月 6日 (金)

◆被災後1週間が・・・。

竜巻が到来したのが先週の金曜日。はや1週間が過ぎた。当店や自宅は罹災していないが、気が滅入ってしまって、何をする意欲もわかない。来週セミナーが控えているので、準備をしないといけないのだが、なかなかエンジンがかからない。

竜巻が襲来した時は、当店の事務所にいた。窓から1mのところのデスクに向かっていた。窓を少し開けているから、急に雨がザーという音を立てて強く降ってきたので、窓を閉めた。その後しばらくすると、風が強まる音が聞こえたかと思うと、壁に何かが当たって、ドンという音と共にギャーっという鳴き声が聞こえた。鳥かそれとも小動物が当たったのだろう、その後外に出た時見てみたが何もいなかった。もし、これが瓦などの飛翔物ならば、窓カラスは割れ、まともにかぶっていたと思われる。これも幸いだった。

とっさにこれは大変だと、店の入り口のガラス戸越しに外を見た。風が横殴りに吹いていて、前面道路沿いにおいてある、「こども110番」の黄色いコーンが、駐車場のアスファルト上を右から左へと水平移動をしていた。こんな光景は見たことがなかった。そして、見上げると、黒い小さな物体が高くまで、巻き上げられていた。この時点で、初めて「竜巻」という文字が頭に浮かんだ。

当地に、竜巻が発生するなんて、誰も想像したいなくて、反射的に窓ガラスを押さえに行かれたのだと思う。その結果、ガラスが割れて…。同じことをしてもガラスが割れなかった方はケガをせずに済んだ。教訓しては、竜巻はどこでも起こる、それを前提として対応すべきだ。対応といっても、窓ガラスなどから離れて、固い物の陰に隠れることだ。急に雨が強くなり、風が強くなったら、竜巻と考えた方が良い。

被災の翌日、がれきの撤去や搬出、倒木の切り出しなどを行ったが、天気が良くて蒸し暑かった。日ごろ、引きこもりをしているわが身、酒をたらふく呑んだように顔が真っ赤になっていた。また、翌朝目が開けづらかった。目も日焼けしていたのである。水分補給は万全にしていたが、日焼けまでは考えていなかった。これも、今後のための経験値となるであろう。二度と起こって欲しくないが…。

ここ数日、雨が降っている。それも大雨洪水警報だ。屋根が飛んだ家は2日ほどで、仮の屋根が施設された。しかし、濡れるだろうし、竜巻で既に濡れてしまっている。今、当地はブルーシートが目立つ。災害はテレビの中だけと思っていたが、間近で起こると、全く違った感覚に陥る。被災後の精神状態の不安定さはなってみないと分からないものだ。

早くブルーシートがなくなることを祈らずにはおられない。自分ができることは、出来るだけしようと思っている。自助が機能しない時は、互助、共助である。それから公助なのだが、なかなか自治機能が動かないもどかしさを感じている。

Img_1807

|

2018年7月 4日 (水)

◆偶々

当地区が竜巻の被害を受けて5日が経とうとしている。

現時点で、当店や我が家は被害を受けていない。しかし、屋根に登って点検していないので、何とも言えない。住宅メーカーからは、即日、連絡をいただいたが、目視で被害がなかったものだから、「とりあえず大丈夫です」と答えたが、やはり、点検して頂こうと考えている。お隣の家も目視ではソーラーパネル1枚に被害があったようにしか見えなかったが、小さい穴が開いているらしく、結局5枚取り換えなければならないとのことだ。

さて、我が家には被害がなかったが、裏の竹やぶの竹が2本無残な形でひしゃげており、その先には大きな鉄板が飛んできていた。

Img_1861

割れている部分を拡大してみると、こんな状態だ。

Img_1862
竹は柔軟性があるので、風で折れることはあまりない。ものすごい衝撃で何か当たったとしか考えられない。そのものは、お隣りの高校のホッケーのグランドにある、ベンチの屋根だと判明した。

そして、竹藪と我が家の間には、槇の木があり、それが約半分のところで折れていた。

Img_1860

竹が折れているところから、槇の木を見ると、すごいことが分かった。

Img_1863

ギリギリ我が家をかすめているのである。あと数m右に寄っていたら、我が家の2階部分は破壊されていただろうと、簡単に推測できる。我が家に被害がなかったのは、偶々だったことを改めて痛感している。グーグルマップで、竹と槇の位置関係から、鉄板の侵入経路を推測してみた。

Cci20180704


因みに、ベンチの屋根は、我が家から直線距離で約250mの南にあったが、左側に位置していたので、いったん巻き上げられて落下してきたと考えられる。

とにかく、通過時間は数秒から十数秒という短いものだが、風速が半端なく、巻き上げられたモノが打ち付けられた威力は想像の範疇になかった。さらに、罹災家屋は保険の適応外の家も多く、経済的に先行きが見通せない、ストレスは相当なものだ。はやく、公的に義援金体制が設立されることを、切に望むしかないのが、現場の声だ。

|

«◆遭ってみないと分からない